パソコンワーク|菊池桃子オフィシャルブログ「私設♥研究室」 を拝読した。
菊池桃子氏は、いわゆるアイドルに始まり、五月みどり氏の御子息と結婚⇒離婚したが、現在も色々と活躍されている。 中でも、テレビ朝日系『人生の楽園』は、伊藤蘭氏にバトンタッチしてナレーションを務めている。
その桃子氏が、『作業の姿勢を保つために、箱で高さを上げて使っています』 とのことだ。

桃子氏は、ノートパソコンを使用しているようだ。 俺もノートPCを用いている。
ノート型は、ターワー型のように机の上に置く必要も無く、自宅内で無線LAN(Wi-Fi) を用いればどこでも持ち歩きができて重宝している。 しかし、画面とキーボードが直結されているタイプの為、目の位置よりも画面が低い。
その為、画面をのぞき込むようにして顔を近づけなければ文字の判読が困難になる。
それを防止するためには、ノートPC自体の位置を高くすれば良いのだが、簡易に行う方法を思いつけなかった。

桃子氏の記事内の写真を見ると、ありふれたダンボールの上にノートPCを載せているだけだ。
しかし、それでも目的を達成できる "必要は発明の母" というところだ。
コロンブスの卵状態の俺だが、マネっこさせてもらおうと思う
それでも、若い桃子氏の場合はこれで『作業の姿勢』を保持できるだろうが、既に3年以上は悪い姿勢を続けてきた爺は矯正できるだろうかね~