「聞いて欲しい」 という意味からしても、自分のブログやホームページを見てくれる人が多いのは、嬉しいことだ。
このブログを見てくれる人は少ない。 
以前ホームページを開設していた頃は、覗いてくれる人はソコソコだが、掲示板でお話ししてくれる人は少なかった。

来客が多く、コメントの多いブログを見ると、話題の多様性が有ることと、惹き付ける作文であることが判る。

我輩の作文は、以前「ブログ vs 掲示板」でも書いたとおり、独善的である。
コメントを書こうという気にならないほどに、身勝手に決めつけているように思う。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
「タイトル」の無いブログ記事は、何を言いたいのか(?)が鮮明で無いとと考える我輩は、ひとつの「タイトル」が ひとつの記事になるように心がけている。
しかし、来客の多いブログは、「タイトル」に拘ることなく ひとつの記事に色々の内容が書かれている。
色々の内容に対するコメントは、読んだ人が着目した事柄に関することとなり、実に千差万別の内容となっている
コメントを繰り返すうちには、本来のテーマからは完全に脱線している場合も見受けられる。
思考回路が短絡的な我輩であれば、「海の話題をしているのに 山の話を持ち込むな」 と思うのだが、「海も山も、自然に関する話題」 と思えば 会話は成り立つことになる。
まあ、「タイトル」 の無い facebookやTwitterのような物も 楽しい物書きではあるのだが...

いずれにしても、「タイトル」 に拘らず日常の出来事を、楽しい作文で、書くことが、見てくれ そしてコメントを付けてくれる人を増やすブログ要件のひとつということらしい。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
それにしても、コメントを長々と書き綴る人達を見かけるが、我輩的にはどうも
コメントは、ブログ所有者の意見(記事)に対して、簡潔に意思表明すれば良いと思うのだが...まあ良いか
長いコメントの やり取りすることを好むのなら、掲示板でも如何...トラックバックを有効に利用したいものだ。