左目の出血により、これまで通院していた総合病院で(公立松任石川中央病院) は硝子体手術を行えないことが判り、その手術が行える眼科がある病院として国立病院機構 金沢医療センターを紹介された。
ということで、向後の眼科は金沢医療センターで診察を続けることにしたのだが、併せて糖尿病を含むすべての医療を同病院を利用する事を決め、本日糖尿病内科に転院の顔出しをしてきた。
これまで利用してきた病院は、野々市市への転居に当たり地域の総合病院としてかなりの設備が整っていると見て選択したのだが、思わぬ落とし穴が有ったという感想である。

俺としては、総合病院を定めてすべての治療を受けたいと考えていた。
しかし、転院に当たって金沢市近郊の著名な総合病院を再度調べてみたのだが一長一短が有ることを知った。
手術等の治療では日本の最先端技術をうたう大学病院では人間ドッグが無いとか、人間ドッグを行っても血管ドッグだけで血液ドッグが無い、PET-CTがんドックが無いといった具合だ。
WikiPedia:血液検査 / 腫瘍マーカー / がん検査・腫瘍マーカー検査【血液検査キット.jp】
一か所の病院ですべての最新医療を網羅していない。 /
これは医療機関に限った事ではないという事で、石川県金沢市は北陸最大と自画自賛しても所詮は地方都市ということだろう。 いずれにしても、終の住処として選んでしまったのだから、致し方あるまい。

以前の松任石川中央病院よりも少々距離が遠く他市になるが、救急車の緊急搬送の時間は大差あるまい。
いずれも、二次救急病院也。
頭に障害が起こった場合には、評判の良い近くの金沢脳神経外科病院を受診しよう。
関連過去記事:ダイエット宣言
頻繁にかようことになるだろうから、路線バスを利用しよう。

西野々市 バス停留所時刻表

201509131



石川県立中央病院 人間ドック案内