北陸新幹線の開通を睨みながらデビューした石川県の観光PRマスコットキャラクターである「ひゃくまんさん」の歌が発表された。

 「ひゃくまんさん」は、石川県の郷土玩具であり、縁起物の「加賀八幡起上り」をモチーフに、加賀百万石の豪華絢爛さをイメージさせるデザインとしたとのことだ。 起き上がり小法師
【石川県金沢市のふるさと絵本】おきあがりこぼしのころ子

Furusatoehon YouTubeより
しかし、達磨人形のように腹部が異常に大きな風体が災いして、新幹線の通乗降口からでは乗降できず、車椅子用の幅の広い乗降口が乗り込んだという代物である。
その風体の是非については、石川県民からも賛否両論があったとのことだが、PRソングまで作られるとは...
 ひゃくまんさん公式ホームページ

「ひゃくまんさん小唄」という題名のそれは、「石川県観光ブランド プロデューサー」に就任している松任谷由実
氏が作曲した。 俺のイメージするユーミンとは曲風が異なるのだが、まあ良いか
 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ

いしかわ百万石物語~ひゃくまんさん小唄~

hotishikawa YouTubeより
北陸新幹線金沢開業PRソング〜かがやき〜 ミュージックビデオ


いしかわ百万石物語・加賀白山編


いしかわ百万石物語・能登編


日本遺産 能登のキリコ祭り


いしかわ百万石物語・金沢編