過日、右目にステロイド注射を受けて1週間が過ぎた。 明日は、術後の経過観察の為、通院だ。
案の定というか、効果のほどは体感できずにいる。
尤も、効果が出るのには1カ月から1カ月半ほど掛かるとのことだから、まだまだこれからということかも知れない。
しかし、過去にも (他の病院ではあるが) 同様の施術を受けた者としては左程の期待感は無い。

一方で、右目への注射が影響したのかは不明だが、左目の出血状態が悪化したように思われる。
注射以前は、0.5+1.5=1.0 程度に左右が補い合って見えた感じが、0.8程度にしか見えなくなった。
左目だけなら、どぶから空を見上げる金魚の視界とでも言える。ゴミ(血の雲) が邪魔して見えない。

いよいよ硝子体手術とやらを...とも考えるのだが、成功率9割とか(?)を聞くと気が進まない。 特に、「手術後は「24時間うつ伏せ状態」でいなければならない場合がある」等と聞けば、殊更に腰が引けるというものだ。
網膜剥離再発と硝子体手術 : ひま、会いにゆきます
網膜硝子体手術について // ECP Medical Book //
糖尿病網膜症(眼底出血) // ECP Medical Book //
通院している病院では眼科に限らず、手術することは患者の意思を尊重するかのごとくに手術を勧めるような素振りは無い。しかし、検査を受けることは半強制的に勧める。あの口調で手術を勧めてくれればとも思うのだが...結局は、手術に伴うリスクは決断した患者持ちということだろうか。
 手術することの是非が判断できずにいる。
それでも、現在の病院では1週間以上の入院を求められる。 白内障の手術でも1泊の入院とのことだ。

最近の眼科は、町医者でも白内障の手術程度は行う。 中には硝子体手術ですら日帰りで施術する町医者もある。
近所に最近開業した町医者は極めて腕も良く、近代設備を装備しており、硝子体手術を行なえると評判だ。
手術は、すべて日帰りで行う事が売り文句のようだ。 しかし、単純に入院できる施設が無いという見方もある。

硝子体手術の結果、「24時間うつ伏せ状態」でいる場合には、日帰りで帰宅させられても困ると考えるのは俺だけだろうか。 入院したからと言って、病院側に任せっきりで安心してられる状態ではないだろうが、自宅で眠られないで過ごすよりは安心感が高いのではないだろうか。
患者の家族にしたところで、できることならば入院して欲しいのが本音なのではないだろうか。



長期間の入院をしている者が偶に臨時退院して自宅にゆっくり過ごすのとは違うと考えるのだが...
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
現在お世話になっている病院の手術事例は、「H23年度手術件数 : 白内障単独手術311件,網膜硝子体手術43件」とのことだ。 硝子体手術等の大がかりな手術は金沢大学付属病院の助力を得るようだ。
それならは、当初から金大病院に行けば良かったとも思うが、金大病院は手術を基本とするようだ。 すなわち、即手術ということになると読んだ。 ※診療情報提供書 / 診療録
白内障・眼科手術後の目の保護に|メオガード(保護メガネ)|名古屋眼鏡

一方、循環器の検査方法で初耳があった。「経胸壁心臓超音波検査」という方法である。 ※おそらくこれ
これならば、カテーテル挿入がいらないのでは(?)  ※WikiPedia:心臓超音波検査 / 超音波検査の種類
すえしげ眼科» 検査機器紹介
設備紹介/久留米市/眼科/白内障/緑内障/黄斑変性症
医療法人宮嶋会みやじま眼科,眼科,白内障手術,角膜疾患,健軍町駅,熊本市,水源,コンタクト
滲出型加齢黄斑変性の臨床研究
「加齢黄斑変性」の話題をまとめてお届けします【『医の手帳』シリーズから】 - アピタル(医療・健康)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
白内障の手術の一週間前、診察を受診し、何かと小心者の私は緊張して・・。 - 夢逢人かりそめ草紙
白内障の手術体験記としては「ロマンスグレーの独り言」ブログの記事をお勧めします。
http://i-romancegray.at.webry.info/201404/article_7.html
http://i-romancegray.at.webry.info/201404/article_3.html
http://i-romancegray.at.webry.info/201404/article_4.html
http://i-romancegray.at.webry.info/201407/article_14.html
http://i-romancegray.at.webry.info/201404/article_6.html
http://i-romancegray.at.webry.info/201404/article_5.html
お勧め記事が多くて恐縮ですが、体験者の生の声として元気づけられます。