退職した年に、背広を処分した。
それでも未だに背広の数が多く、普段着にもならず、クローゼットの邪魔物扱いだ。

当地には、昔ならば質屋か(?)と思われるような、大規模な買取店が複数あるのだが、いずれの店舗でもオーダーメイドの背広やネーム刺繍した物は買取の対象外とのことだ。
さりとて、市役所のゴミ収集に出すことは、何やらハードルが高く躊躇している。

以前より、自宅での日常生活で背広を着て、着つぶすことを考えたが、そんな事では擦り切れそうもない。
この度の骨折事件では、背広は自宅でブラブラの暇人には無用の長物であることを再認識した。
その他にも、コート等の上等品は「いつか着るチャンスがある」と思い保管しているのだが、果たして....

あんな仕事人時代の抜け殻を保管するよりは、「新しくお遊び用のブレザーでも..」と思うのだが。
ゴミを増やすような気がして、断捨離を志す者としては気が進まない。

こんな俺の悩みには目をくれること無く、この度の骨折事件で女将は、前開きのパジャマやらの病人介護用の衣類や器具を買い揃えた。 またまた、衣裳部屋の箪笥が増えた。
「そのうちに使う場面になってからでは買いに行けないから、今のうちに揃える」と女将は言うが、俺にしてみれば「次回に介護を受ける必要が生じたら、有料の老人ホームに裸で行くから、買い揃えは不要」と考えている。
介護度によっては自宅介護を受けなければならない政府の方針だが、介護の方法を知らない家族に介護されるよりは研修を受けた介護士を期待したい。 慣れない家族の介護よりは、他人のテキパキとした介護が良いだろう。 介護される者の我がままを叶えようとしたら、介護なんてやってられないだろう。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
 平成21年度版 要介護認定一次判定シミュレーション
 要介護認定 |厚生労働省
WikiPedia:要介護認定 / 訪問介護員(ホームヘルパー) / 高齢者
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
それにしても、政府は色々と高齢者いじめを思いつくものだと感心する。
年収1200万円以上、給与所得控除を縮小 1月から:朝日新聞デジタル
「低年金」救済策、利用者は116万人 国の想定下回る:朝日新聞デジタル
TVCM │ au WALLET Market「いつもと違う竜宮城」篇


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連記事
要介護認定:関連資料