カニ合戦、北陸に熱視線 漁解禁、新幹線開通で商機拡大:朝日新聞デジタル


去る11/06に、北陸地方等でズワイガニの漁が解禁されたとのことで、近江町市場などでの様子が報道されている。

無精者としては、大酒を飲んでいる頃から、蟹というものを望んで食べたいとは思わなかった。
秋田県では蟹と言っても「ワタリガニ」の類が鍋の出汁とりに使われる程度で、蟹自体が目的ではなかった。
また、ズワイガニを食べなくても、その他に旨いものが多かったとでも言うべきだろうか。
上京して遊び歩いた頃でも、「蟹とは美食家か、蟹を食う習慣の有る地域の出身者が食べる物」」という時代であり、東京の街を探さなければ蟹を食わせる店が無かった記憶である。  したがって、蟹料理屋を探すことも無かった。

職場でも、北海道あたりに出張した者が地酒とともに蟹を土産にすることがあっても、地酒はさばけるが蟹に手を付ける者は少なかった。これは、蟹を食べる習慣のある土地から上京した者が少なかったからなのだろう。
いずれにしても俺は、蟹をつまみにして酒を飲むのは、手が汚れるので好まない。剥いて出されたら、食ってやる。


「ズワイガニ」と紛らわしいのは「ベニズワイガニ」だろう。 また、「ズワイガニ」でも雄と雌の大きさがあまりに違うため、漁獲される多くの地域で雄と雌に別の名前がつけられている。
エチゼンガニ、マツバガニ、ヨシガニ、タイザ(タ イザガニ)などは雄を指し、メガニ、オヤガニ、コッペガニ、コウバコガニ、セコガニ、セイコ(セイコガニ)、クロコなどは雌を指す。

当地石川県では、雄のズワイガニを「加能(かのう)ガニ」とのブランド名で売り出している。
雌は「香箱(こうばこ)ガニ」と呼ばれるが、隣県の福井や富山の雌蟹に比べれば、極めて小型だ。 近江町市場のそれはまだしもだが、近所のスーパーマーケット等に並ぶ香箱ガニは、「こんな小さな物を食べるのか」と思う。
価格的には、香箱ガニ1パイが500円程度と安いのだが、それを選り選ぶ者がいることに驚く。
酒を飲みながらのつまみとしてならばまだしも、蟹だけを食べても旨いのだろうか。
大き目の加能ガニを食べるのなら、冬の風物詩として判らなくもないが...まあ、蓼食う虫も好き好きということか。

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
現在では、蟹に限らず「日本全国で、いつでも、どこでも、何でも食える」。 しかも、極めて安価に食える。
特定の季節に、その地域でなければ食べられない物が有っても良いのではないだろうか。高くても仕方があるまい。
旨いものとはそうした物だろう。 滅多に手に入らない物は、それだけで旨い物だ。
簡単に入手できる安い物は、旨い物ではない。

TPPが妥結された結果、安い物が入手できるようになるそうだ。