以前「記憶力が悪い困ったちゃん」でもぼやいたが、俺は若い頃から記憶力が悪いように思う。
他人様の記憶力というものがどの程度なのかは知り得ないので、比較のしようが無いのだが、俺は劣るように思う。

学業や試験などで比較すれば、大いなる自惚れを除いても、他人様よりは優れていると思う。
しかし、過去の出来事などという社会生活的な事柄については、すぐに忘れてしまう。否。覚えないと言うべきかも。
特に、人の名前などは、付き合わなくにると、すぐに忘れてしまう。 (※若年性認知症)
どうでも良いと思うことは、出来事であれ、名称であれ、そもそも覚えるつもりが無いのだから、記憶しているハズが無いともいえる。 そんな調子だから、記憶する能力が無いのか、覚える能力が無いのか、は不明だ。

しかし、幼児の頃は勿論、小学・中学などの学生時代や、社会人になってからの出来事の大半を覚えていない。
結婚生活の中でも、女将が覚えている事で俺が覚えていない事が多いことにビックリする。
どの程度を記憶していることが、人間としての標準なのだろうか。

最近噂の認知症でも、若くして発症する事例もあり、また「認知症」と括られる症状以外の症状があるとも聞く。
俺が若い頃から記憶が薄いのは、若年性認知症だったのかしらん(?) とも思う暇人である。
尤も、仮にそうであったとしても、違ったとしても、今更どうでも良いということだろうか。既に、老人ボケかな?
「創作童話」作家のボケ年寄りになるのだけは避けたいものだ。 急速進行性認知症
【創作童話】= 欠落した記憶を補う為に、都合の良い出来事(物語)を作り上げて補完する記憶を言う。
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
野々市市は、本日(11/11)で市政執行から4年目になる。  今年も残りは50日。