能登山の北限の椿|男鹿なび」 によれば、秋田県の男鹿半島椿の自生北限地帯として大正11年に国の天然記念物に指定されているのだそうだ。
男鹿ナビによれば、男鹿市椿地区には、一帯が椿に覆われた能登山があり、能登と椿にまつわる悲恋の物語が伝わるとのことだ。 ※同HPでいう「能登」は、「能登の漁師」ということで固有名では無いようだ。


「能登」 の名を探すと、全国各地に存在する。 「能登」 とは何なのか(?) と関心を覚える。
能登半島には令制国時代に能登国が在ったが、詳細は勉強不足である。
能登、阿蘇、富士、遠野はアイヌ語ですよね。 - その他(学問・教育) - 教えて!goo によれば、「能登」 はアイヌ語とのこと。

関連図書
  • 山田秀三『アイヌ語地名の研究(1~4)』(草風館、1982~83)
  • 山田秀三『北海道の地名』(北海道新聞社、1984)
アイヌ語地名の研究

東北・アイヌ語地名の研究


WikiPedia:山田秀三
WikiPedia:アイヌ語
WikiPedia:北海道の地名・駅名