2011/03/11の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)から早いもので、もうじき5年が経つ。
しかし、地震に伴って発生した津波による被害の復旧・復興は、未だに進捗が無い。
特に、福島第一原子力発電所事故に伴う周辺被害復興工事は、後退しているとも見える。
事故発生当時には国内を沸かせた「原発反対」の声も、最近では小さくなっているようだ。 原子力撤廃

当時叫ばれた「原発廃止」は行われない中、2016/04から「電力自由化」が行われる。
電力自由化」は「原発廃止」から生まれた鬼っ子のようなものだろうか。
国民が求めたことは、電力自由化により安価になる事では無く、原発廃止による安全・安心だったのでは
「電力自由化」は来年度から実施されるとの事だから、全国の「電力小売業者」の一覧or検索サイトが乱立しているのかと思ったが、「新電力比較.com 新電力(PPS)比較」が検索ヒットしただけだ。
その検索結果から、当該の電力小売業者の発電設備等を知ることはできないようだ。
例によってマスコミが騒ぐだけで、業界を始め、庶民は無関心ということだろうか。
自宅の屋根に太陽光発電を設置して電気料金の節約を目論んだ人達も多かったらしいが、それと「電力自由化」は大義が異なるのかもしれない。
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
当地の北陸電力の自社CMによれば、北陸電力は「全国で一番安い電力料金」とのことだ。
俺は東京電力エリアしか知らないが、それと比較しても確かに安い。
また、「電力自由化」を利用する為には、電力量計スマートメーターに交換しなければならない。
更には、深夜電力で利用しているエコキュートの調整作業が必要になるのではないだろうか?

テレビ報道によれば「電気代。月額1万2千円程度の家庭で、年額6千円程度の減」とのことだ。
その程度の減額の為に、色々と面倒な事をするよりは、現状のままの方が楽ちんである。ということで、我が家は「電力自由化」の波は無視して、現状のまま一般電気事業者である北陸電力(株)を利用することにした。
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
紆余曲折しながらも進んでいる「電力自由化」だが、実は膨大な税金を使っているにも関わらずひっそりと「電線類地中化」が行われている。 「無電柱化の推進 - 国土交通省」を眺めても進捗度合は不明だが、2020東京オリンピックに向けてドンドン行われているのだろう。また、世界遺産を目指す地域では必ずと言えるほどに「電線類地中化」が行われる。

「電線類地中化」事業を行うには、通信事業者以外に電力事業者が参入しなければならない。
新電力への参加企業は、既電力企業に「電線類地中化」事業に掛かる経費を上乗せして支払うのだろうか?

関連過去記事
スマートメーター設置考
スマートハウス設定?
あんまりイジメると
「太陽光発電」考
電柱を無くすより先に
世界遺産になりたい症候群
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-