「定年退職後の暇人 悪意の投稿」を拝読した。
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)発表の2015年度「情報セキュリティに対する意識調査」について書かれている。 IPAがこのような調査を行ってることを初めて知った次第である。
悪意のあるネット投稿をしたことがある人は4分の1-「2015年度情報セキュリティに対する意識調査」
 4人に1人が「悪意のあるコメントを書いた経験有り」との調査結果には、ただただビックリする。
動機は色々とあるようだが、自分が面白くないからと言って、他人のブログに嫌がらせのコメントをすることは有るまい。 「ストレス晴らしに、誰でもよいから」といって無差別殺人に及ぶに等しい行為である。
 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
ネット検索したら、IPAは毎年この調査を行って発表している。
年ごとに変化は見られるものの、悪意の人間は常にいるものだ。 こんな奴らに見入られたら堪ったものでは無い。
とは言うものの、無神経な俺は、嫌がらせの書き込みくらいは無視しておしまいだね

だが、ブログ管理人の意見に合わないコメントだからといって、それが「悪意のコメント」とは思わない。
そのような辛口のコメントは、歓迎している。 「望むところ」と言うべきかもしれない。
ブログのコメント欄での議論は望む行為ではないが、掲示板orチャットにでも場所を変えて語り合いたいものだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
関連過去記事
拍手してくださった人へ
コメント一覧が欲しい
話し相手を求める女性像
トラックバックを歓迎
ブログ vs 掲示板
facebookとTwitter
徘徊ブログ選びに思う
【注意】怪しい誘い?
コメント拒否のブログ達
通じなかった言葉
危ないネット交際
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
昨日で Windows 8 及び、古いInternet Explorer(IE)のサポートが終了した。