「テレビの通信販売」などでは、購入する商品価格が千円程度であっても「送料無料」としての販売が多い。
一方、「楽天市場」などでは、金額によって無料の場合と有料の場合がある。

この差異は、どのようにして起こるのだろうか?
各販売会社が損得勘定した結果....と言われればグーの音も出ない。
しかし、「楽天市場」のように、一定金額以上の場合は送料を販売会社で持つケースはなるほどとも思う。
それに引き換え、「通信販売」のような送料が無料となる計算は、何か釈然としない。

関連過去記事
ポイントカードを持つ
テレビ通販価格の不思議の