両親の墓は、おいらのが鎌倉市に、女将のが横浜市にある。
当地に転居して長いのだが、墓参りもできず どうしたものか(?) とも考え、墓の引っ越し手続きを勉強した。
墓の引っ越しは「改葬」と呼ばれ、法律でガッチリと規定があるとのこと。
WikiPedia:改葬 より引用
改葬(かいそう)とは、墳墓に埋葬されている遺骨を別の墳墓に移して供養することを言う。
転居で墓の管理ができない場合など、墓を自宅の近くの墓地に改葬して管理・供養を続けることができる。
改葬の手続きは、墓地、埋葬等に関する法律(墓埋法)第2章に定められており、自分の家の墓であっても自由に遺骨を持ち出すことはできない。
手続き上、改葬は以下の手順で行う
  1. 移転先の墳墓(墓地)の管理者から、受入証明書を発行してもらう。
  2. 現在の墳墓(墓地)の管理者から、埋葬証明書を発行してもらう。
  3. 現在の墳墓(墓地)のある市区町村の役所に受入証明書と埋葬許可証明書を提出し、「改葬許可証」を発行してもらう。
  4. 現在の墳墓(墓地)の管理者に「改葬許可証」を提出し、遺骨を取り出す。
  5. 移転先の墳墓(墓地)の管理者に「改葬許可証」を提出し、遺骨を納める。
また、現在の墳墓から遺骨を取り出すときは「御魂抜き」法要、移転先の墳墓に遺骨を納めるときは「開眼法要」を行う。

向後どれだけ生きられるのか判らないが、いずれは無縁墓地のお世話になる身としては 不必要なことかな~
まあ、暇に任せて思案棚上げだね  彼岸の中日
大体において、仏一体あたり50万円ほどの引っ越し費用と、墓所の購入費用が掛かるらしいので、最低でも五百万円は覚悟しなきゃならんようだから