小保方氏、手記出版へ 「混入犯に仕立て上げられた」:朝日新聞デジタル
  • 何を今さら
  • 引かれ者の小唄
  • 悪あがき
などと、どのようにでも言える出来事だ。
恥ずかしくも無く、この期に及んで手記を販売できるものだ。 財布が空になったのか。 ※WikiPedia:小保方晴子

STAP細胞と言う素晴らしいものが作り出せるのか(?)は関心が有っても、
「騙された」と称する女性の言い分を聞いたところで....

早ければ明日(01/28)に「あの日」タイトルで、講談社から出版されるそうだ。
学会では「STAP細胞」の名は、消えている。
当ブログ内「STAP」検索
【小保方晴子さん最新情報】理研を退職した小保方晴子さんの現在と今後。 - NAVER まとめ