2033年の大安・仏滅決まらず? 旧暦巡るミステリー:朝日新聞デジタル
2033年の「六曜」が決まっていないとのことだ。以下に一部を無断転載するが、よくわからん。詳細は新聞記事で。
旧暦で、その月が何月かを決める目安の一つが、「二十四節気」のうち、冬至や夏至、春分、秋分など12ある区切り「中気(ちゅうき)」だ。冬至を含む月を旧暦11月、春分の月を旧暦2月などとする一方、中気が全くない月をうるう月とする。
中気のない月は3年に1回程度現れるが、2033年夏~2034年春には中気を含まない月が3回、中気を二つ含む月が2回発生するため、うるう月を決められない状態が起きてしまう。
とのことだ。 旧暦(天保暦)を使い出して約190年の歴史で初めてとのことだが、二百年先の太陽の動きは想定外ということだろう。  ※天保暦(天保15年1月1日(1844/02/18)に寛政暦から改暦され、明治5年12月2日(1872/12/31)まで約29年間使用された。)

前述の新聞では「日常生活に支障はない」と言うが、葬儀や祝い事・旧暦に基づく神社の祭り・中秋の名月・旧正月の年中行事など、「六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜)」を当てにしている者は困るのだろうか。
WikiPedia:中気より引用
二十四節気のうち正節を除く12の節気。
雨水春分穀雨小満夏至大暑処暑秋分霜降小雪冬至大寒がそれに当たる。
前漢の武帝の太初暦以来、中国・日本の太陽太陰暦では、原則として1月から12月までの各月にこの節気が入る(中国時憲暦や日本天保暦では定気法を用いるため例外的に月に2つ入ったり1つも入らなかったりする)。また、調整のため閏月を入れる。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。