かってに運転する「自動運転車」という代物のテレビCMが放送され始めて久しいが、「自動運転車」考のとおり、実現されるのはかなり未来になるようだ。 とはいうものの、団塊世代の高齢化が進んだ日本では、この数年が自動運転車を必要とする真っ最中であろう。 また、運転者の過労が原因の自動車事故を減らしたいものだ。

そんな日本の時世だが、アメリカでは
自動ブレーキ、ほぼ全新車に装備へ 米で主要20社合意:朝日新聞デジタル
とのことで、「自動ブレーキ」が、2022年9月迄にほぼすべての新車に標準装備される見通しになったとのことだ。
日本メーカーでは、トヨタ・ホンダ・日産自動車・富士重工業・マツダ・三菱自動車の6社が含まれているとのことだ。
自動ブレーキで事故6割減 変化迫られる自動車保険 | 乗りものニュース
「自動運転車」は解決すべき事項が多くとも、取りあえず「自動ブレーキ」だけでも装備を義務付けして欲しい。
WikiPedia「衝突被害軽減ブレーキ」によれば日本でもトラック・バスについて義務化が検討されているとのことだ。
自動車の自動ブレーキ 義務化を検討へ NHKニュース
日本の主力自動車メーカーが参加することをアメリカでの対策が既に発表されている中で、日本国内が検討中ということは、如何にも日和見主義的な隣百姓的な日本人の姿勢そのままだ。
世界に広がる“ライドシェア” | NHKニュース

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
とはいうものの、「自動運転車」にしろ「自動ブレーキ」にしろ、根底で活躍するのは「人工知能(コンピュータ)」だ。
“碁”で人間に勝ったとか、小説を書いたとかで、「人工知能」の呼称をマスコミが用いているが、「所詮コンピュータに違いは無い」だろうと時代遅れの俺は思うのだが.... ※WikiPedia:ディープラーニング

しかし、「人工知能」は、『2045年には人工知能が知識・知能の点で人間を超越し、科学技術の進歩を担う技術的特異点(シンギュラリティ)が訪れる』とする、いわゆる「2045年問題」を唱える学者もいる。
『人工知能』が支配する近未来。 2045年問題。シンギュラリティ(技術的特異点) の危険性 - NAVER まとめ
2045年問題 コンピューター・人工知能が人類を越えるとき | エコノーツ
2045年問題」ばかりでなく、コンピュータの世界では「○○年問題」と称される事が多い。
2000年問題」では、『年数を下2桁だけで処理していたシステム』に問題が発生した。同様の問題が2030年・2050年・2070年に発生するという。 類似した問題はあるようだが、 西暦年数表示が5桁になる「西暦10000年問題」まで心配している学者達が面白い。 それまで、現在のコンピュータを用いる人類が生き延びているのだろうか。
と言っても、現在発生している事件・事故・etc. をコンピュータにデジタルで記録されている情報は日付が読み取れなくなる可能性があるから、【人類の学んだ歴史を1万年先の生物に伝授する意思があるのなら】近い未来に調整しなければならないということだ。

2045年問題」を含めて、そんな先の事の心配はしない。 しかし、「家庭に1台のパソコン」や「1人に1個のスマホ」が発信する情報を集積したビッグデータにより、現代人はコンピュータに介入されているのだろう。
「自動運転車」や「自動ブレーキ」が装備された近未来には、運転手それぞれの素養が監視されるのだろう。

 世の中には「プライバシー云々」を叫ぶ人達がいるが、俺は気にしない。
また、人類とは石の生物(コンピュータ)を生み出すために神が創った中継ぎであると考えている。

関連過去記事
自動車と高齢者の未来
自家用車はいらない
私達の未来には??
路線バスに限らず !
田舎者ドライバー
貧乏人の自家用車

「2025年問題」をご存知ですか?~「人口減少」「プア・ジャパニーズ急増」…9年後この国に起こること  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]
【映画クラシック音楽】2001年宇宙の旅から:美しく青きドナウ+ツァラトゥストラはかく語りき