ショーン・マクアードル川上氏が活動自粛 文春の指摘で:朝日新聞デジタル
ショーン・マクアードル川上氏(ショーンK)が経歴や学歴を詐称したとやらで、これまで彼に出演を依頼していたマスコミ関係は、一斉に「彼が出演しなくなった」旨を報じている。彼が出演しても、しなくても、どちらでもよいのだが..

 詐称していたからといって、彼の発言の価値が下がることではないだろう。素晴らしい発言をなされていた。
“経歴や学歴がある彼”の発言を求めていたのだろうか。彼の発言が某局面を正しく評価しているのなら、良かろう。

“経歴や学歴”があると称する者をありがたがり、“詐称”という行為を毛嫌いしたがる「自らの行為を省みない」日本人には、本件は嫌われるのだろうか。 そんな日本人に媚びる意味でマスコミは事前に手を打ったのだろう。
彼のような立場の人達も、そんな日本人に受けようと思えば、詐称してでも格を付けたいということなのだろうか。
さすがに、『“源氏”か“平氏”の系列を引く』として先祖を偽装したがり、その偽装をありがたがる国民ということだ。
戦国時代の武将は、『“源氏”か“平氏”の血筋』を買ってでも名乗っていたと聞くが...だからどうしたと思う。
“源氏”にしろ、“平氏”にしろ、臣籍降下した者の末裔というだけに過ぎないのに、何故かありがたがる。
WikiPedia:安倍晋三によれば以下のとおり。我ら日本人はありがたい総理大臣に導かれている。
北朝鮮の将軍様に勝るとも劣らないキャリアの有り難い総理大臣様である。

先祖に安倍宗任平清盛平知盛平知貞佐藤忠信ら。
安倍家は安倍宗任の子孫の娘が平知盛の子の平知貞に嫁ぎ産んだ子の末裔だというが、平家の家系図には平知盛の子に平知貞という人物は存在しない。佐藤忠信が佐藤家の先祖であるというのも口伝である。
岸信介佐藤栄作 - 実家佐藤家が佐藤忠信の末裔を称しているとのことだ。
共同通信社」出身のジャーナリスト古沢襄によると、安倍晋太郎は自分たち安倍家のルーツは岩手県(安倍氏 (奥州))であり、安倍宗任の末裔だと言っていたという。安倍宗任は1051年の前九年の役にて源頼義、源義家率いる源氏に破れ、大宰府に配流された奥州(陸奥国)の豪族である。
閨閥 改訂新版 特権階級の盛衰の系譜』216-217頁に「家系図をひもとくと安倍家は、鎌倉時代以前の奥州征伐などで名高い阿倍比羅夫、前九年の役の安倍貞任にまで繋がる歴史ある名門である」とある。
安倍家の元家政婦は東北地方に飛び、安倍一族の関係地と言われた地域の市町村役場などを丹念に回りながら、各地に古くから伝わる家系図を調べ歩いた。その結果、油谷町に住み着いた一族が宗任の流れをくむ者たちであること、青森県五所川原の石搭山荒覇吐(あらはばき)神社に始祖である宗任が眠っているらしいことを調べ上げたという。元家政婦からの報告を聞いた晋太郎は昭和62年7月末、出馬表明した総裁選の全国遊説の折、妻洋子と晋三夫妻を伴い同神社に出向き、参拝した。
 ==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
それにしても、あのような事をすっぱ抜く行為を正義と信じている週刊誌とはよっぽと暇なのだろうか。
ベッキー事件といい、個人的なスキャンダルを探し回るなら、ロッキード事件のような疑獄事件を見つけてみろ。
個人のスキャンダルを荒探ししたいのなら、上記「安倍晋三氏のルーツ」を洗い流してみたら面白い
週刊新潮(Web) / 週刊文春 (週刊文春Web)
 
NHK「ファミリーヒストリー」で、安倍晋三氏のルーツ探しをしたら面白い。その番組、俺は絶対に見逃さない。