群馬県の「富岡製糸場と絹産業遺産群」が、ユネスコの世界文化遺産になるらしい。
WikiPedia:富岡製糸場と絹産業遺産群より抜粋引用
富岡製糸場と絹産業遺産群は、群馬県富岡市の富岡製糸場、および伊勢崎市、藤岡市、下仁田町の2市1町に点在する養蚕関連の文化財によって構成される世界遺産暫定リスト記載物件である。
富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に続いて、文化遺産の14件目となる。  日本の世界遺産



「世界遺産」 となれば 「観光資源として迫が付く」 ことしか眼中にないように見える日本人であるが、群馬県も喜んでいるのだろう。 先陣となった他の世界文化遺産を見習いながら、がんばってね~