この記事は、書き込みが増えると、その最新日時に繰り上げ移動する。
【2016/04/27】当初書き込み
後3ヶ月で丸1年が経つWindows 10への無料アップグレード、その後も無料で提供されるのだろうかと余計な心配をしていたが、終止符を打つ発言を発見した。 
「期間延長は絶対ない」--Windows 10の無償提供、7月29日で終了 - ZDNet Japan
「延長は絶対ない」と断言され、
終了後は、Windows 7/8.1からのアップグレードであってもWindows 10のライセンス購入が必要になる。7月29日までにISOファイルを外部メディアなどにダウンロードしておいても、無償提供終了後はアクティベートできない。 
とのことだ。 Windows 10の不調はあるものの、その気があるのなら、今のうちにアップデートしなければなるまい。
諸々の不調から回復させる為の最後の手段(?)である「手動でメジャーアップデート」も、無償提供期間(2016/07/28or29日の某時刻)内で終了することになるのだろう。 一万円の上も払うようなヤボは嫌だね
パソコンの買い替えを目論んでいる人は、旧OS搭載機を買って、今のうちに無償アップデートするのも手だね。
無償期間まで半年を切ったWindows 10 アップグレードの注意点を緊急チェック | nikkei BPnet 〈日経BPネット〉
要するに無償アップデートしたいなら、2016/07/28には、作業が完了しなければならないということだ。
07/29ではヤバイ。 ネット上の混雑を考慮するならば、5月中には完了する事を目指す方が余裕ということだ。
【追記】2016/04/28
二度とないかも? Windows 10無償アップグレード終了まであとわずか - 周知と促進をブーストする日本マイクロソフト | マイナビニュース
テレビの天気予報中にWindows 10のアップグレード画面が出現 - GIGAZINE
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
【追記】2016/05/06
Windows 10無償アップグレード終了後、日本語版の価格は? | マイナビニュース
  • Windows 7とWindows 8.1⇒Windows 10無償アップグレードは、2016年7月29日で終了し、以降は有償
  • 日本のマイクロソフト ストアでの税込価格は、Windows 10 Homeが19,008円、Windows 10 Proが27,864円
  • Windows 7のサポートは2015年1月13日に終了しており、延長サポートは2020年1月14日まで
  • Windows 8.1のサポート終了日が2018年1月9日、延長サポート終了日が2023年1月10日
  • 「Windows 10」のサポート期間は2025年まで--マイクロソフトが明らかに - CNET Japan
    Windows 10がリリースされる2015年7月29日に5年間のメインストリームサポート期間がスタートし、延長サポート期間は2020年から2025年10月まで
【追記】2016/05/09
「Windows 10を入手する」アプリ、7月29日に無効化へ - ZDNet Japan
XPマシンの救世主…Windowsのように使える「Zorin OS」はいかが?|Infoseekニュース
WindowsからUbuntuへの乗換えるならZorin OS : Windowsはもういらない
【追記】2016/05/18
「Windows 10 Anniversary Update」、提供開始は米国時間7月29日か - ZDNet Japan
2016年05月01~18日 16時迄の当ブログ訪問者PC利用状況
20160519

今ならまだ無料!Windows 10を昔のPCに入れる手順をおさらい - 窓の杜

関連過去記事:Windows 10の不調記録