ここ(地震ハザードカルテHP)で、野々市市役所の地震ハザードカルテを作っってみた。

また、『都道府県ごとの地震活動 | 地震本部』によれば、石川県内で主要な活断層は、能登半島に邑知潟断層帯と、その延長上に森本・富樫断層帯がある。 根拠無き安全神話を信じている北陸3県民で特に信じ切っている石川県加賀地方の民が住むエリアでも、震度7クラスがありそうだ。 発生したら、熊本の二の舞の状態だな。
それでも、地震だらけの日本列島の中では、発生確率から考えれば安全側に入るエリアなのかもしれない。

J-SHIS Mapでも眺めながら、首都圏太平洋側から逃げる算段をしたほうが良かろう。日本海側に首都圏機能を
シニア世代、東京に移住増 転出も多いが「住みやすい」:朝日新聞デジタル
という統計もあるようだ。人各々御自由にということだが、痛い目にあってから泣かないように、自己解決しろよ。

関連過去記事
緊急地震速報:学
全国地震動予測地図
地震に関する情報サイト
核実験を騒ぐけれど
石川県内の間抜けなニュース報道に思う
集団移住も選択肢

 気象庁が発表する“震度階級”は10階級ある。 ※気象庁 | 震度について
「震度0」「震度1」「震度2」「震度3」「震度4」「震度5弱」「震度5強」「震度6弱」「震度6強」「震度7」の10階級
震度0~4までは1つづつの刻みだが、以降は異なる。 よって、「震度7」が最高震度である。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。