断捨離したつもりでいた勤め人時代の仲間であったが、最近はことさら話し相手に不自由して、ネットしない人にネットをさせたい気分になり、文通も悪くはないかということで爺の文通をはじめている。

その文通相手達ではゴルフを趣味とする者が多く、暇な俺にもゴルフを始めることを勧めてくれる。
彼等は勤め人時代からバリバリのゴルフ好きであり、酒を飲んでの会話でも彼等の話題にはついて行けなかった。
ゴルフの歴史を辿れば、ラグビー等の球技と同じルーツという事らしいが、進化の過程で随分異なってくるものだ。
しかし、俺にしてみれば、どちらにも関心を持てないという意味では、同じルーツを持つという意見に納得できる。

彼等は、ゴルフを勧めるとともに、金沢観光を目論んでいるようで、殊更に誘いが煩い。
ゴルフ好きの奴らというか、アウトドア派は、自分が楽しいと思う事は他人も楽しいに違いないと考えるのだろうか。
また、勝敗を云々と会話しながら、集まって飲食の場をつくりたがる。 飲みたければ勝手に飲んでも良かろう。
人が集わなければできない競技は好まないが、勝負を競う事ならば何でも争いは絶えないということになるのか。
 最近はゴルフに似た年寄り向けのゲームが有るらしいが、未だに溶け込めずにいる。
まあ、“ポケモンGO”を遊んでウロウロしているよりは、“俳諧でGO”を遊ぼうかね~