「定年退職後の暇人 avast wifi finder (公衆無線LANスポット検索アプリ)」を拝読した。
以前よりWi-FiとSIMカードのように、外出先でタブレット等を用いてネットワークに接続する手段を考えている。

スマホを用いれば解決することなのだが、年に数度あるか無いかの出来事の為に、スマホを買う気になれない。
ボケる前にスマホの操作を覚えた方が良いだろうとも考えるが、外出時のネット接続の必要性を感じていない。
現在使用中のガラケー(docomo F-09C)は、Wi-Fiの親機にも子機にもなれるからそれを利用するのも方法だ。
また、デザリング機能を利用することもできる。 しかし、設定変更することの億劫さを考えてしまい進展していない。
第一、スマホの走りのような「スマートブラウザ」という“i-モード”と“スキホのネット”の中間のような機能があるから、殊更にスマホを利用しなければならないという感覚に到達しない。 スマートフォンライクな携帯電話端末
docomoの、通常のパケット通信上限(パケ・ホーダイ フラット)5,460円だが、テザリング利用時は上限7,080円。
 いずれにしても、Wi-Fiを利用するのであれば、その接続先がどの程度、どこにあるのかを知りたいと考えた。
Japan Connected-free Wi-Fi」というWi-Fiの提供元(アンテナ)を教えるサービスがあり、Androidなどのタブレットやスマホでも提供されているアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」を試行した。 結果的には「セブンスポット」7SPOTをはじめとして、コンビニが提供するWi-Fiサービスを利用することが良さそうということで落ち着いた。

この度、「Avast Wi-Fi Finder」のAndroid版というアプリを知り、昨日タブレットにインストールして試用してみた。
Avastとは初耳があったが、「AVAST Software」というアンチウイルスソフトウェアの開発を専門とする会社也。
同アプリ以外にも、Googleストア内で無料アプリを提供している。 AVAST Software公式サイト
Japan Connected-free Wi-Fi」アプリでは『情報提供者がプロットしたWi-Fiスポットの地図上の位置』が表示されWi-Fi提供元(ex.docom、セブンスポット等)が判る程度の機能であるのに対し、「Avast Wi-Fi Finder」アプリでは
「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリの機能の他に『ユーザーによって推奨・情報提供されたWi-Fiスポットを地図上で手軽に探す』ことができる。また、地図上に表示されたWi-Fiスポットをクリックするだけで、当該スポットにWi-Fi接続することができる。 この機能はとても有効・簡便に思えるが、アクセス先の素性を知らなくとも接続作業を行われてしまう事に戸惑いを感じる。
日本や海外の安全な公共Wi-Fiを発見できるアプリ「Avast Wi-Fi Finder」日本語版リリース
 公衆Wi-Fiへの接続に関するセキュリティの注意に留意した上で、セキュリティを重視して単純にスポットを知るだけであれば「Japan Connected-free Wi-Fi」アプリで充分であり、セキュリティ上のリスクが有ったとしても簡単に接続したいのであれば「Avast Wi-Fi Finder」アプリに軍配が上げるというのが、使用した結果の感想だ。
【アンドロイド】Avast Wi-Fi Finderは安全?評判は? - そのアプリ、安全?
俺が首都圏に住んでいたなら「Avast Wi-Fi Finder」アプリを使用する。仕事人であれば殊更だ。
しかし、前記のアプリにより、現在住むエリアではWi-Fiスポットが少ない事が判ったので、何れのアプリも当面は不要であるとの結論に至った。 あの程度の数と場所ならば記憶できるし、素性不明のスポットには接続したくない。
「マクドナルドFREE Wi-Fi」開始 2016年6月20日(月)から順次導入し、約1500店規模へ拡大
 ==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
それにしても、改めて移動通信(?)など等の宣伝を調べると、無知な俺には理解が及ばない。 ex.
高速モバイルデータ通信! OCN モバイル ONE | NTTコムストア [個人向け]
あの世界で用いる言葉をパクッテ来れば、記者会見で苦労する政治家も誤魔化しができるのではないだろうか。
 Wi-Fi STATION HW-01H | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ