「桃太郎・金太郎・浦島太郎」の3人からはじまった au の“三太郎CM”も、色々な登場人物(?)が増えた。
相関図なる物まであり、犬・猿・雉が出演している頃にはやはり桃太郎が主役かしらんと眺めていたが、カメやクマが出演する頃には、あながちそうとも言えないと眺めるようになった。携帯CM寸評 / お好みの携帯CM
“雉”には“雉の子”の御伴までいるという相関図には笑ってしまうね

やがて、桃太郎が“かぐや姫”と所帯を持ち也哉子ができたらしいが、そのうちにCMデビューするのだろうか。
鬼が島の“鬼”までが出演し、まだ顔を見せた事のない“鬼嫁”との間には“鬼の子”がいる。件の鬼が雷様とは?

乙姫が出演するのは浦島太郎がいるのだから不思議はないが、乙姫とかぐや姫が姉妹で、“月の家族”がいるという構成は実に愉快だ。 そのうちに“月の家族”も出演するのだろうか。 家族構成を想像すると楽しい。
桃太郎とかぐや姫の爺さん・婆さんが同一人物だったなら、どんなストーリー展開になるのだろう。

そんな相関図ならば何となくガテンするが、花咲爺や一寸法師までが出演するに及んでは、これから先が想像できない。 WikiPediaの説話を見ても出演しそうな主人公はまだまだ多い。

docomoの恫喝的な暗い画像のCMや、“白い犬”に頼り切ったようなSoftbankのCMを見飽きた俺としては、これからの展開が大いに楽しみなauのCMである。
昨日06/24から「海外の人バージョン」が出たが、あれは白雪姫なのだろうか。

TVCM │ au「夏のトビラ・一寸法師、登場」篇

au YouTubeより

au三太郎CM「一寸法師登場篇」CM+メイキング

moviecollectionjp YouTubeより