舛添知事あす辞職 説明責任果たさぬまま都庁あとに | NHKニュース
本日(06/21)、2年半も無駄に座り、そしてくだらない出来事の為に引き釣り降ろされた舛添要一氏が東京都知事ではなくなる。 昨日はネタの無い暇なマスコミの餌食と化して、とっとと東京都庁を逃げ出したらしい。
舛添都知事の退職金、約2200万円 別に850万円も:朝日新聞デジタル
一時は「給料の全額を貰わなくていいから、都知事をやらせてくれ」的な殊勝な事を言っていたらしいが、やはりしっかりと貰える物は頂いていくのだろう。 さすがは、英字新聞で「sekoi」という日本語を紹介された張本人だ。
舛添知事問題 米紙が「sekoi」と表現 | NHKニュース
アメリカの有力紙、ニューヨーク・タイムズ。「せこすぎる」という発言についても「too sekoi」と表現。
 これで逃げ切られたつもりになっているのかも知れないが、そうは問屋が卸すまい。
公費で買った美術品は返さなければ泥棒ということだ。 確認すると約束した共産党の女性議員に期待したい。
とは言うものの、当人は兎も角、与党が揃って匿うのだから、これ以上の進展は無いのであろう。
この後は、虚しい都知事選挙に突入するのだ。 都民は、知事空白の今日に大震災が発生しない事を祈ろう。
舛添知事辞職 公約道半ばも多額の退職金 | NHKニュース

2016年東京都知事選挙は、2016年(H28)7月14日に公示され、7月31日に投開票となる。
途中、2016年6月22日公示、7月10日に投開票される第24回参議院議員通常選挙があるので、東京都民並びに関係者としては忙しいことだろう。 なによりも忙しいのは、各政党の選挙対策本部だろう。
NHKニュースによれば「参院選 あす公示 立候補予定者 前回下回る」とのことだ。

降ってわいたような舛添氏の不祥事追及の結果で生じた都知事選挙に、各政党の立候補者は誰になるのか。
民進 都知事選への蓮舫氏の擁立を断念 | NHKニュース
自民都議「実務家選べるかも」 蓮舫氏、知事選見送り:朝日新聞デジタル
話題性もあり、民進党蓮舫代表代行の動向の注目度が高いようだ。 同氏は、2016/07/25で任期満了を向かえる参議院議員の1人であり、来る都知事選に立候補する場合は参議院選挙の公示日である明日(06/22)には意思決定しなければならないというハンデがある。 他の都知事立候補者のように07/14の公示日迄に決めればよいというわけにはいかない。
 首相 都知事選は多くの人が信任できる候補を | NHKニュース
蓮舫氏が都知事選挙に出馬したなら極めて高い当選率だろうと推定するが、自由民主党総裁の安倍晋三氏としては舛添氏に引導を渡した都合もあるようで、我田引水に懸命なのだろう。

また、東京都知事選で自民党・与党が惨敗した場合、続く参議院選挙への影響が懸念されるということか。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界の大都市である東京都の知事とは言うものの、誰が成ろうと大差はあるまい。
今回の都知事選挙で立候補する者がやりたいことは何だろうか? 選挙の争点は何だろうか?
何もありはしない。 誰が成ったところで変りは無い。 そもそも、お飾りのような知事は必要なのだろうか?
その観点から言えば、やりたい放題の独裁者である安倍晋三氏は、内閣総理大臣の座を満喫していると言える。

東京都民は誰を選ぶのだろうか。 俺は、東京都民でなくて良かったと奇妙な安堵感を覚えている。

NHKをはじめマスコミ各社は「蓮舫氏は都知事選に出ない事を決意」と報じている。
蓮舫氏と野田佳彦前・総理大臣との脈絡を報ずるマスコミもあるが、なるほどとも思う。
いずれにせよ、国務大臣経験者としては、一国一城の主とはいうものの所詮は地方自治体である東京都のTOPよりは、国政に参加したいのだろう。 また、参議院議員としての蓮舫氏が抜ければ、民進党としては国会議員の補充がつかないだろう。
マスコミ雀の観測は色々とあるようだが、明日の参議院選挙の公示で、蓮舫氏の動向が定まる。