-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
北朝鮮がミサイル発射 韓国軍が発表 | NHKニュース
北朝鮮ミサイル 飛行は失敗か 韓国軍が分析 | NHKニュース
なぜか日本の発表は、「韓国軍は....北朝鮮がミサイルを発射したと発表」との報道になる。

日本政府が莫大な税金を注いでいる自衛隊は、「敵国が発射したミサイルを探知できない」のだろうか
「自国の防衛能力を知られないために発表しない」という手口は、アメリカ国防省等がよく使うが、あれと同様か
そうであれば、何も発表しなくとも国民としては何の不自由も無い。 知らされたところで、どうしようも無い
それにも関わらず、『韓国軍の発表』として報道する意図は何なのだろうか ある日、大本営発表があるのか
※“韓国”の発表であって“韓国政府”の発表ではない。 国家の発表でない、言わば“ガセネタ”なのかも知れないことを、日本国内では国営放送的なNHKが報道することで『嘘かも知れない出来事は真実になる』。 しかし、この時点で総理や政権側に見解を求めても「正式な報告を受けていない」ということになる。...なんだ、そりゃ
 「臨時ニュースを申し上げます。臨時ニュースを申し上げます。
    大本営陸海軍部、十二月八日午前六時発表。帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋においてアメリカ、イギリス軍と戦闘状態に入れり。」    — 大本営陸海軍部発表(昭和16年12月8日午前6時)
核攻撃に対して防空壕が役立つとは考えられないが、アメリカとの安全保障に頼ることに汲々と知恵を絞るだけで、韓国にはある防空壕すら無い日本にミサイルが飛来しようが敵軍が上陸しようが、国民は一億総玉砕するだけだ。
米韓、ミサイル防衛強化 THAAD配備、中国は反発:朝日新聞デジタル

  -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
公園の池の女性遺体遺棄事件 近所の28歳の男を逮捕 | NHKニュース
逮捕の男「やってません」 公園の池に切断遺体遺棄容疑:朝日新聞デジタル
この事件で警視庁が集めた情報はどの程度なのだろうか また、情況証拠だけなのではあるまいね

情況証拠だけで逮捕に及び、逮捕後には何も進展されていない事件が多い。 神戸の事件はどうなったのだろう。
最近では逮捕後の取り調べ方法が「おいこら」ではできなくなったから、裁判に至るまで時間が掛かるだけなのか
それにしても時間が掛かりすぎているのではないか

とは言うものの、容疑者として逮捕された者は、その容疑の真偽に関わらず、マスコミに追い掛け回され、家族も含めて社会的に抹殺されるような扱いを受けているのではないだろうか。 まるで真犯人のごとき悪人扱いである。
あれでは、裁判を受けて拘置所に収容されなくとも、充分に制裁を受けているのではないだろうか。
容疑者扱いでマスコミに追いかけられ、情況証拠だけで半年~1年以上に渡って警察に足止めされた者が結果的に無実であった場合に、その為に失われた時間や社会的環境(地位・信頼等)はどんな補償があるのだろうか
また、無実の容疑者を犯人と確信することで生じた操作時間の穴のために真犯人を逃がしてしまった事への、被害者(家族)への償いはなされているのだろうか。犯人が逮捕されたと胸を撫で下ろした者の拳は、どこに振り下ろす。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
大本営発表というものや、特別高等警察(特高)の存在が知れ渡っていた時代があった。
現代人は、それを過去の事と思っているのだろう。 しかし、それは今でも存在している事を知るべきだろう。