「月が地球に写り込む」年に2回しか撮影できない貴重な写真をNASAが公開 - GIGAZINE


 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
写真を撮影したのは、太陽フレアなどの太陽表面の変化を観測するためにアメリカ海洋大気庁(NOAA)が打ち上げた人工衛星DSCOVRに搭載されたアメリカ航空宇宙局(NASA)の地球多色画像カメラ(EPIC)”也。
この画像は2016年7月5日に観測され、DSCOVRが「月が地球に写り込む」瞬間を捉えたのはこれが2度目也。

EPICが撮影する地球の映像は、【SCOVR::EPIC::Earth Polychromatic Camera】からいつでも確認できる。
今回観測された「月が地球に写り込む」瞬間は、↑サイトで日付を「2016年7月5日」に設定すれば見られる。