保険と称する商品は、多い。 交通事故・海難事故・火災・地震・死亡など様々だ。
社会人となった途端に、昼休みに事務所を徘徊する保険屋のおばちゃんにより、早速生命保険に加入するハメになった。 今では、おばちゃんよりも、ネットや電話での対応が多い..それも外国企業だ。

健康保険国民年金(厚生年金) の類に加入する事は当然だろうが、生命保険は各自の自由というところだろうか。
ましてや、交通事故や怪我、火災等の保険は、お好きなように..というところだ。
しかし、万一に備えたい国民性の為か(?)、色々な保険に加入する人が多いようだ。

生命保険を例にとれば、最近は傷病保険と組み合わせた物が多い。 その分、支払額が高いのだろう。
「生命 + 傷病 + 入院」 という保険に加入しても、いざ保険料を受け取る事態になったら、それまで掛けた保険料に見合う額を受け取れるケースはどの程度あるのだろうか??
最近TV-CMの多い安価な保険を例にとっても、「5千円/月額×12ヶ月=6万円/年額」 の保険料を支払った場合、何事も無く10年間を掛け続ければ60万円を支払うことになる。保険金を受け取る場面になっても、掛け金に見合う保険金を受け取れるのか(?) 疑問に思えてきた。 契約して、すぐに保険金受け取りの事態には なかなか成らんだろう。
高額な受取り額の保険に加入しても それに見合った保険金を支払わなければならないのだから状況は同じだ。

また、死亡時の保険料を受取りに要する手続きは、まことに面倒と聞く。 外国企業の保険では、殊更のようだ。
いざ受取りの場面で、保険契約書の内容を説明されて、「支払対象外」 では堪らない。
拡大鏡を2つ掛けないと見えないような文字で書かれても、判らない(!) のが実情だ。
必要な内容は、契約前に口頭説明して欲しい。医者の同意書も同様である。不動産業と同じく、法で定めて欲しい。
昔は、おばちゃんに言えば、すべての手続きをしてくれ、入金を待てばよかった。 

年金と称する物も、保険の1種だろう。
昨日の、「年金受給、75歳まで繰り下げ可能に 厚労相、検討表明:朝日新聞デジタル」によれば、国民年金・
厚生年金の受給開始年齢を遅らせることが検討されているか(?) のごとき也。
「75歳まで繰り下げ可能にする」 との内容で年金選択制も検討されているとのこと也。

男性の平均寿命が80歳にならんとしているが、75歳から年金を貰っても致し方ないと思うのはおいらだけだろうか。
現在の制度でも、国民年金は65歳になって やっと満額受給である。 65歳までに死ぬ者も少なくないだろう。
「75歳まで繰り下げ可能」 となった場合、何歳から受給を受けるか(?) は 賭けである。
現在、満額開始年齢の65歳になっても働きたい人が多いようだ。 65歳以上になっても働き国民年金掛け金を支払っている人は、その支払った年月に応じて満額(100%) が増額する制度と聞くが...

交通事故・火災などは保険に加入しても遭遇しない人も多いだろうし、それはむしろ望ましいことだ。
しかし、生命保険はお世話にならなければならない。 だからといって、高額な保険料を支払ってみても..

保険に加入するか否かは、ライフプラン上の、人生の中の大博打かもしれない。
若者達は、こんなに内容がコロコロと変わる国民年金に 将来の為に掛け金を支払うことに疑念を持つだろう。 
若者達が受給開始となる予定の頃には、1959年(昭和34年)に法施行された国民年金制度が無くなっているかもしれないのだから。  介護保険も同様だね