シニアに急増の脊柱管狭窄症 「脱力蹴り出し体操」で6割改善を学び、40代で腰痛で入院した私は・・。 - 夢逢人かりそめ草紙」を拝読した。
女将も脊柱管狭窄症の模様に付き、関連することを興味深く調べてみた

 「脱力蹴り出し体操」とは、埼玉県の「清水整形外科クリニック」医師が下記の週刊誌で紹介している。
シニアに急増の脊柱管狭窄症 「脱力蹴り出し体操」で6割善│NEWSポストセブン
清水整形外科クリニック さいたま市 浦和区 北浦和 整形外科 リハビリテーション科
 しかし、他の呼び名でも似たような体操が紹介されていたことを思い出した。
要するに“グニャグニャ”とした、体操とは呼べないような動きが良いのだろうか。
とは言うものの、「脱力蹴り出し体操」と「ゾンビ体操」が同じものなのか(?)はわからないのだが...たぶん違う。

【ゾンビ体操公式】ついに書籍化!病気が「逃げ出す!」3分間の脱力体操


関連過去記事
女将の庭仕事
太腿の痺れ関連情報
女将の腰痛:まとめ

深層NEWS ”突然死”あなたの血管が危ない 20160318


目の体操をやってみましょう


脱力蹴り出し体操
  • 左右の足を片方ずつ後ろに上げてから前に蹴り出す。
  • 足に力を入れず脱力することで腸腰筋がほぐれる。
  • 左右5回ずつで1セット。朝晩各5セット行なう体操である。
 脊柱管狭窄症の治療を施しても改善が見られない人は、脊柱管外のトラブルを疑ったほうがいい。
その見分け方を清水氏が教える。

「前屈姿勢になって痛みや痺れが和らげば管内タイプ。お尻や太腿の筋肉が硬く、シコリがあり、押すと痛みなどを感じる人は管外タイプの疑いがあります」