北朝鮮ミサイル 秋田沖の排他的経済水域内に落下 | NHKニュース
北朝鮮からミサイルが発射されたということで、日本政府では挑発だの、排他的経済水域だのと騒いでいる。
しかし、それどころではないだろう。 自尊心の強い日本人がどんなに力んでも、今回は負け戦ということだ。
アメリカの助力無しで、韓国からの情報も無ければ、ひっぱたかれるまでわからないという情けない防衛。

どんなタイミングなのか知らないが、PAC-3を自衛隊市ヶ谷駐屯地に設置したとかを報ずる場合が有るが、今回はどうしたのだろうか 韓国軍とアメリカの情報しか知らない程度の自衛隊の存在価値はなんだろうか。
日本の方角にミサイルが発射され、誤ったのか、予定どおりなのかは知らないが、秋田沖250Kmに落下したというにも関わらず、J-アラート(全国瞬時警報システム)による警報も出されていない。
対処に時間的余裕がない大規模な自然災害や弾道ミサイル攻撃等についての情報を、「国から住民まで直接瞬時に」伝達することができるという点がJ-ALERTの最大の特長である。住民に早期の避難や予防措置などを促し被害の軽減に貢献することが期待されており、導入により地方公共団体の危機管理能力が高まるとされている。
250Kmは、新幹線ですら1時間と掛からないで走る距離だ。 仮にJ-アラートに基づいて退避行動を取ったとしても逃げることは出来ない。 そそもそも、逃げる場所も無く、どうすればよいのか知らない日本国民なのだ。

集団的自衛権とやらで、アメリカに飛んで行くミサイルを撃ち落とせるかもしれないが、自国民を守る考えが欠落していると言うべきだろう。 欠落していないまでも、国民は知らされていない。
第3次安倍第2次改造内閣が発足 | NHKニュース
組閣などで浮かれている時間が有ったなら、どのようなタイミングでJ-アラートの警報が発令されるのか周知してくれ。 そして、警報が発令されたなら、どのようにして逃げれば良いのか、教えてくれ。
北朝鮮のミサイル発射技術は、腕が良いのか悪いのかは知らないが、間違って原発に着弾するかも知れない。

安倍総理や政府は、「断固糾弾」とか、「許されない」とか、偉そうな言いっぷりだが、言えている間は良いということだ。 そんな事を言っているうちに日本は無くなっているんじゃないの。
こんな国力の日本は、アメリカは勿論、世界から馬鹿にされるということだ。
どんなに立派な理論を持った人を防衛大臣に据えたところで、所詮は他人に依存する空念仏ということだ。

関連過去記事
日本政府のやり口は
特別警報:学
本当は怖い日本人の考え
余計な世話だ
半島の戦争に加担するな
この報道の目指す事
粗末なミサイル警戒体制
==【追記】==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
2016/08/06 北朝鮮ミサイル:破壊措置命令、常時発令へ - 毎日新聞
2016/08/08 破壊措置命令 常時発令へ政府が最終調整 | NHKニュース(8月5日 4時00分) 破壊措置命令
2016/08/09 破壊措置を「常時発令」=北朝鮮ミサイル警戒で:時事ドットコム
2016/08/18 平和ボケの極み!北朝鮮の事前通告がないと役に立たないミサイル防衛|田岡俊次の戦略目からウロコ|ダイヤモンド・オンライン