集団的自衛権の確立を目指して、憲法を改定することには反対する。

日本国憲法9条により、日本は戦争を放棄している。
そもそも「憲法解釈の変更」で戦争することは、憲法違反である。 永年続いた解釈は明文化されていない法律だ。
だからといって「憲法を改定」して憲法違反とならない事を計るなら、殺人も同様の対応ができてしまう。

関連過去記事:戦争をしたい?安倍総理