過去記事:消えたお気に入りブログにも書いたが、高齢者のボケ防止にはブログを書くことは良いと確信している。
このブログは2013/11/14にレンタルてから、もうじき3年が経過する。 俺にしては、パソコン遊びといい良く続く
以前からブログの選び方には迷いがあるのだが、結局のところレンタルブログを利用している。

XOOPSでホームページ作りをしていた頃から、掲示板やブログの機能には或る理想像があった。
随分あるレンタルブログの中から有名そうな物を試行してみた結果、現在のlivedoorブログに落ち着いた。

悪意のコメント書き込み:学」のように「話し相手を求める女性像」もいるので、俺的には「トラックバックを歓迎」しているのだが、あちこちのブログを徘徊している間に“ブログ仲間との会話にはコメント欄”が有効である事を学んだ。

それならば...と考え直して俳諧先のブログでコメントすることを心掛けるのだが、如何せん“コンメント欄が機能不足”のレンタルブログを利用している人が多い。 勿論、コメント拒否しているブログもあるようだ。
しかし、コメント拒否しているとは見受けられないブログでも“コメントする人のURLを書くことがてきない”レンタルブログ会社がある。 知るかぎりでは“楽天ブログ”や“アメーバブログ”・“はてなブログ”である。
俺の徘徊先でURLを書くことがてぎないブログとしては“アメーバブログ”の利用者が多いので、アメーバに会員登録してコメントし易くしてしまった。 “はてなブログ”も同様に会員登録した。 “楽天ブログ”では会員登録してみたが、URLを書く方法が判らないでいる。 それにしても、コメント一覧を設置できる“FC2ブログ”はいいな~
何でも良いから、字を大きくして欲しい。 逐次拡大鏡を使わないと読めないのは勘弁して欲しい。
無料レンタル先が多いブログと、少ないホームページ作り(サーバーのレンタル)のチョイスは悩むね~。
俺の考えとしては、ブログであろうが、ホームページであろうが、素人が作るものに差異は無い。
トップページから“最寄りのページ”に辿り着くまでが如何にわかりやすいかで課題である。
“最寄りのページ”として、掲示板を設置したほうが、ブログ遊びするよりは仲間づくりができるのかもしれない。

ホームページ作りを考えた場合は、Javaの利用について考えなおさなければならないのだろうか。
Java/JREがウイルス感染経路に!? 無料アップデートやブラウザ無効化方法
JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)と独立行政法人情報処理推進機構 (IPA)が共同で運営しているJVNサイトでは、Java実行環境(JRE)を前提とした『MyJVN バージョンチェッカ』が配布されている。(※JREがインストールされていない環境用も配布されている)ことを考えれば、あながちJava/JREをウィルスの巣窟扱いするのは誤解かもしれない。 なお、JVNサイトでは『MyJVN - 脆弱性対策情報収集ツール』も提供されている。