現在オフィススイートは、パソコン購入時にバンドリングされてきたOffice 2010を使用している。
PC購入時はWindows 7であったが、昨年の夏にWindows 10に無料アップグレードした。以降マイクロソフトは律儀にOffice 2010もUpdateしてくれる。しかし、Windows 7と同様に2020年10月13日限りでサポート終了予定だ。
ASCII.jp:Microsoft Office 2010は10月13日以降使えない?|ズバッと解決! Windows 10探偵団
【関連追記:2017/03/29】OneDriveの削除思案
仕事人時代であれば会社に合わせたソフトを使用せざるを得ないのでOffice 2016を購入することになるのだろう。しかし仕事していないから、本家のMicrosoft Officeに代えてLibreOfficeを用いるべく検討しよう。
WikiPedia:オフィススイートの比較より抜粋引用
多くのオフィススイートにおいてはMicrosoft Office 2007/2010で新たに採用されたOffice Open XML形式のファイル(拡張子がdocx, xlsx, pptx等)は読み込みと、加工は可能であるがこの形式では保存は出来ない。2012年9月現在、日本語のPC環境でOffice Open XMLファイル形式で保存可能なサードパーティのオフィススイートはLibreOfficeのみである。 ※LibreOffice 日本語ページ(LibreOffice 日本語チーム)
以前のバージョンの Microsoft Office で新しいファイル形式を開く方法
Google ドキュメントは、クラウドタイプでの利用方法を前提にしているようで、プライベートを暴露するように思う。
Apache OpenOffice(日本版公式サイト)も比較検討の対象とするが、Androidタブレット用にMicrosoftからOfficeアプリが無料で提供されているのだから、PC側でもMicrosoft Office との互換性のあるソフトを利用するべきだろう。
とはいうものの、Microsoft Office 2010のサポート期間(-2020/10/13)が迫る頃迄には状況の変化もありうる事を望んで、当面は現状維持とする。
【追記】2016/12/10。 以下をインストールして実験
  • LibreOffice v5.2.3.3
    LibreOffice_5.2.3_Win_x64.msi / LibreOffice_5.2.3_Win_x86_helppack_ja.msi
  • Announcing Apache OpenOffice 4.1.3
  • 俺のPC環境ではいずれもMicrosoft Office 2007/2010のファイル形式では保管できない。
    また、M Office 側でOpenDocument形式を読み込めない。ということで、Androidタブレットとの間で相互乗り合いができないので、前件の不具合が解消されるまでは現状のままとする。
    そもそも、サポート終了の2020/10/13まで現在のMicrosoft Office 2010を使える見通しが付いてからでも遅くはあるまい
  • 12/12、LibreOffice v5.2をインストールした。ファイル形式の相互互換を試行する所存也。
  • 2017/01/28 バージョンがわからなくなっているので、上書きインストールしなおした。
    LibreOffice(最新版)(64bit版)v5.2.5(17/01/26)   日本語ヘルプファイルはx86のみの模様
  • LibreOfficeに組み込みヘルプをインストールする | LibreOfficeのインストール | LibreOfficeの使い方
    但し、俺は窓の杜からインストールしているLibreOffice(最新版)(64bit版)用の
    組み込みヘルプが無いので、「LibreOffice最新版 (stable)」の物を利用するしか無いようだ。
【追記】2016/12/09


【追記:2017/03/17】「Apache OpenOffice」プロジェクトが人員不足で終了の危機 - 窓の杜
メールソフトは、Office 2010と同梱されていたOutlook2010を利用している。日本語入力(IME)はMicrosoft IMEだ。
いずれもOffice 2010のサポート終了で、以降はカラスの勝手ということになる。それでは不都合なので、メールソフトはクライアントタイプのG-mailとスタンドアロンタイプのMozilla Thunderbirdをセットした。
日本語入力は、Google日本語入力を利用している。 後はオフィススイートさえ乗り換えればWindows 10のサポート終了時期(?)を迎えられるだろう。 とはいうものの、サポート期間は明確にはアナウンスされていない。
関連過去記事:Win10無料更新の行方は / アプリ利用の方向性 / 日本語入力変更-2 / オフィスソフトの疑問 / フリーメール選択に迷う

【追記:2017/07/31】LibreOffice(最新版)(64bit版)を使用していたが、LibreOffice(安定版)(64bit版)に切り替えることにした。
2017/08/07現在、LibreOffice(安定版)(64bit版)v5.3.5.2(17/08/03)
 ※2017/10/10 こちらを見ること
来年2017年4月11日にはWindows Vistaの延長サポートが終了である。
とは言うものの、Windows XP利用者の来訪拒否を宣言しているこのブログに、未だにXP利用者が寄り付く。
2014年4月9日(日本標準時)を以って延長サポートが切れ、更新プログラムの提供が全て終了し、セキュリティ的には危険この上無い状態の代物だというのに、未だにそんな物を利用し、且つネットを利用して他人を危険に巻き込む事を気にしないという姿勢が理解できない。 酒飲み運転している悪党と同じ人種である。
office関係記事

【追記:2017/10/06】Office 2010削除