電子書籍を読みたいと思い2015/01/31に注文した「タブレット (NEC TE508/S1L  PC-TE508S1L) 」を利用して、もうじき2年が経つ。 過去記事:タブレット購入検討-纏め
タブレトと同時に無料のセキュリティソフト導入を検討したが、結局はトレンドマイクロ社の「ウイルスバスター モバイル」を購入し、来る2017/03/31でサポート期限切れとなる。 現在利用しているタブレットはAndroid 4.4が搭載されておりアプリから外部ストレージ(SDカード) への書き込みが不可 であるため、タブレットの買い替えを検討しているが、本体の買い替えとは別にセキュリティソフトの将来を考えている。

パソコン用のセキュリティソフトは、CATVより無料提供されるカスペルスキ―を利用しているので、同じメーカーを利用することも悪くはない。 過去記事:なるほどネット生活
しかし、無料提供されるのは1台分だけで、2台目からは有料となる。 有料ならば、現在利用しているウイルスバスター モバイルを継続するという方法もある。また、有料ならば他のメーカーに乗り換えるという方法もあるだろう。

 敢えて有料版に拘らなくとも、無料版でも...と思い、学習する也。
-【追記】2017/01/14-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
上記の解説サイトを眺めながら数種類を試行してみた結果、「LINEアンチウィルス」と「Yahoo!スマホセキュリティ」が良さそうという結論に達した。解説の中には「使い勝手」や「セキュリティソフトの比較検証を行う機関のテスト」を比較検証していたが、俺的には「使い勝手」はどうでも良い。“利用者が使い勝手を意識することなく、侵入を試みるウィルスを遮断”すれば良いという考えだ。その意味で「セキョリティ能力」は極めて大事な機能である。

最終選考に残った二つは、「機関のテスト」にはノミネートされておらず「セキョリティ能力」はよくわからない。
しかし、「機関のテスト」で高評価を得ている他の外国製品に比べても遜色がない無いと感じた。
最終選考の結果、「Yahoo!スマホセキュリティ」を利用する事にしたのは、タブレット起動時にリアルタイム・セキュリティを行っている事を示すインジケーターが表示されるのが早いと見たためである。この表示機能は、現在利用中の有料「ウイルスバスター モバイル」には劣るものの殆ど大差が無いと感じる。 「LINEアンチウィルス」でもインジケーターが表示されないだけのことでリアルタイム・セキュリティが機能しているのかも知れないが(?)、俺的にはインジケーターが表示される方が“機能している事”を視認できるので安心を感じられた。
昨日(01/13)トレンドマイクロ社から利用中の「ウイルスバスター モバイル」のサポート期限が終了する旨と、契約更新を促すe-mailが配信された。 向後利用するセキュリティソフトを決めたので切り替えても差し支えないのだが、サポート期限間近の03/中旬程度迄は併用してみる所存也。(01/15追記:使用中止)その間に「LINEアンチウィルス」の機能改良がなされたならばそちらの方がお好みだ。「Yahoo!スマホセキュリティ」よりも機能的には豊富である。