記者がスイスで見た68歳女性、安楽死までの20秒間│NEWSポストセブン

【助かる工夫】関連過去記事:週刊誌に読む死に方 / 日本の温泉にも多い / 死に方いろいろ / クレオパトラと蛇
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
以前の記事を含めて考えても、“眠るように死ぬ”ということは難しそうだ。 病気で死ぬなら、大同小異で痛そうだ
妻と二人っきりの我が家では急病時に助かることは考えないほうがよかろうね 過去記事:死への恐怖心:考

後に残った者が自宅で暮らすということは孤独死の状態になることは間違いないだろうから、二人共健在な今のうちに不動産を売るとかの事務処理を早めにやっちまって、有料の老人ホームで御世話になるのも方法だね。
ボケる前に相手を知る事ができれば、後見人選びも安心してできるだろうし、相手も無碍にすることは無かろう。
関連過去記事:救急車に翼を付けて / 「助けて電話」が欲しい / 老後は独り暮らしが良い? / 華々しく死ぬなら
等と考えなくても、第三次世界大戦が始まるのは想定外に早いかもしれない。核ミサイルを所持する国家は多い。イランや北朝鮮も所持している。日本のようにアメリカ様に頼りっぱなしな大国は珍しい。古代核戦争説
地峡温暖化による島の沈没や、氷河期到来といった地球規模での天変地異も多く予想されている。
地球規模の事件が起こらないまでも、それ以前に、予想されている太平洋側の大震災が発生するかもしれない。それは太平洋側だけでなく、日本海側にも甚大な被害が及ぶのかも知れない(福井地震)。原発事故もある。 そんな事が起こるだろう未来が近いのだから、病死だの孤独死だのと先の事を考えるのは無意味かも知れない。ましてや、墓地を心配することは無駄という事になる。 ファティマの聖母

2030年氷河期突入で約20億人が死亡する危険性あり│NEWSポストセブン
デイアフター2020 首都大凍結 後編(字幕版)


【南海トラフ超巨大地震】内閣府が公開した衝撃のシミュレーションCG(最新版)「そのとき何が起こるのか?」