2016年(平成28年)分の確定申告に、市役所に行ってきた。
野々市市「住民税申告・確定申告の相談受付」は、2月13日(月曜日)から3月15日(水曜日)まで
当地の場合、国税庁を利用するのであれば不変な場所に在る松任税務署に02/16(木)〜03/15(水)に出向き申告する事になるのだが、市役所が相談窓口の名目で確定申告の窓口を開設するので、自家用車を運転しない者としては助かる。同じ思いの人が多いのか(?)開設初日だというのに中々の賑わいであった。10時に受け付けたのだが終了したのは15時であった。医療費などの計算すらしないでくる年寄りが多いのだから当然と言えば当然だ。

昨年までは「支給」や「支払い」に関する証拠書類は「確定申告書」に添付させられたが、今年からは不要との事。
また、「確定申告書」には本人確認書類としてマイナンバーの記載が必要也。「マイナンバー確認書類」+「身元確認書類(写真)」が必要だが、「マイナンバーカード」ならば一発OK。やっとマイナンバーカードを作った意義があったね
来年からは「国税庁の確定申告書等作成コーナー」を利用することにしよう。
但し「e-Tax」は資料送信用の機材が必要で無駄なので使わない也、資料を印刷し郵送で十分。今年windows 10パソコンでe-Taxを利用する場合IE11を使わなければならない。来年には他のブラウザでもOKになるだろうか

標準的な年金生活者の場合、医療費控除や保険料控除の所得控除を申告が無ければ確定申告は不要である。
また、預金なんぞしたところで、種類の如何を問わず大した利息が付く時代では無くなった。 預金しているよりは、貸金庫にでも入れておくとか、自宅で箪笥預金しておいた方が、イザ死亡という事態になっても遺産相続完了前でも遺族が勝手に使えるから手間無しだな~。ちなみに2007年の郵政民営化以前は郵便局に預ける場合は「貯金」と称していたが、現在は銀行・信用金庫・労働金庫・農業協同組合等に預ける事と同じく「預金」である。(※貯金は死語)
【追記】2017/02/14 預金金利、ついにゼロ?=三菱東京UFJ、みずほ:時事ドットコム
【追記】2017/02/16 
Adobe、「Flash Player」の月例セキュリティアップデートを公開 - 窓の杜
日本時間で昨日(2017/02/15) 「Adobe Flash Player」の最新版v24.0.0.221が公開された。FirefoxとChromeについてはアップデートできる。しかし、Windows 10で確定申告に使えるブラウザであるIE 11ではアップデートすることができない。これは以下の通り、昨日行われるはずのWindows 10の自動アップデートが無かった事に由縁すると思われる。したがって、Windows 10の自動アップデートが行われて「Adobe Flash Player」最新版v24.0.0.221に成るまでは「e-Tax」による確定申告は行うべきではない 
Microsoft、本日リリース予定だった月例更新プログラムの配布を延期 - 窓の杜

2月の更新プログラムはリリースされず、3月にまとめて配信 ~Microsoftが発表 - 窓の杜

「Adobe Flash Player」の更新プログラムも日本時間の3月15日にまとめて配信されるとのことだ。ということは、IE 11を用いなければ使えない「e-Tax」での確定申告ができない事態になったということだ。
俺のパソコンでは、IE 11 と Microsoft Edgeでは
「Adobe Flash Player」を使用しない設定にした。
【追記】02/22 Microsoft、「Adobe Flash Player」のセキュリティパッチを“Windows Update”で公開 - 窓の杜
関連過去記事:マイナンバー情報 / 年金生活者の確定申告 / 確定申告不要制度:学 / ホームページを変えた