徘徊しているブログ「定年退職後の暇人」の管理人さんが坐骨神経痛になり、脊柱管狭窄症の手術を告げられたが、諸般の事情から手術をする前に何かの方法が無いか(?)ということでネット検索し、AKA-博田(ハカタ)法というのを見つけ治療を受け始めたとのことだ。 ※「定年退職後の暇人-AKA-博田法

女将も「歩いていると太腿にしびれが出て来る」⇒「前傾姿勢かしゃがんでいるとしびれが取れる」ということで、俺の見立ては脊柱管狭窄症では(?)と思い診察を勧めているが、なかなか腰が上がらない。 脊柱管狭窄症:学
というのは女将は特異体質(?)で、薬品アレルギーを始め、麻酔や抗生物質が難しい。今の医学なら何とかなるだろうと思うが、手術などとはとんでもないというのが女将の考えのよう也。したがって、診察を受けてもしょうがないだろうということのよう也。まだ老い先が長そうですから、いずれは何とかしなければならないと思うのだが。

そんなことでAKA-博田法というものに大いに関心を持った。
聞けば、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「ぎっくり腰」こ効果大としてNHKのガッテン!でも紹介されたとの事。
また、脊髄電気刺激療法というものも有るとの事。日本人に多いと言われる国民病には治療法が多いらしい。
高齢者を悩ませる「脊柱菅狭窄症」の痛みを緩和!注目の治療って? | 介護ポストセブン
SCS法 脊髄刺激療法 | 腰痛 椎間板ヘルニアの治療 手術なら郡山青藍病院
 AKA-博田法の治療の実際 豊島区 整形外科 【望クリニック】

Doctors eye AKA-博田法(東京都豊島区 望クリニック)


たった5分間で9割の腰痛がよくなる本 AKA-博田法で、腰痛が消えた!


腰痛の簡単な治し方

アクア鍼灸整骨院