今朝から雷が凄いのでパソコンにバッテリィを装着した。
愛用しているたった1台のノートパソコンは、電源オプションの「省エネ設定」を変えているものの、使わなければ劣化する事が無いということで普段は外しているが、落雷の危険性を感じる場合は無停電電源替わりに使っている。

我が家ではブレーカーやコンセントには雷対策をしており、瞬電が流れたとしても電気機器には影響が無いハズなのだが、念には念を入れるに越したことは無い。何があっても、泣くのは自分だから。感震ブレーカーの設置:学

ブリ起こし』なんて言葉がある当地では、いきなり雷が鳴る。
俺がこれまで経験した関東圏等であれば、遠雷の音で雷が接近していることが知れた。そして、最接近した場合でも“上から下”に向かって落雷する。 しかし、当地の雷には遠雷が無い。また、“上から下”よりは“縦横無尽”に落雷する。 なんら予期しない時に、いきなり耳元で発雷するのだから、コンセントを抜くといった対応のしようが無い。
冷蔵庫等の神経の太い電化製品は雷対策しているから心配していないが、パソコンだけは瞬電でイチコロだ。
どこかで停電しても即死する。 その点で、ノートパソコンやタブレットは自前のバッテリィがあるから安~心。

2014年に導入されたゲリラ豪雨予測サービスが提供する新・天気予報は役立たず?と思っていたが、最近はそれなりに精度が高くなってきたようだ。 これで、北陸の突然の雷にも対応できるようになれば嬉しいね。
20170130

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-