脳血管障害を生き延びた者が半身不随言語障害に陥ることは知っているが、自体は障害が残るのだろうか。
感情思考・嗜好・知能といった、脳が司ると聞く機能は、以前と同様に働くのだろうか。
言語障害は、話す為の筋肉を動かす脳の能力が落ちるから発生する肉体的な現れなのだろうか。

認知症の人が活動する原動力は、過去の記憶なのだろうか。何かの欲望なのだろうか。
欲望ならば、どんな欲望なのだろうか。 単純に生存本能だけでは無い何かが有る為のように思えるのだか。
 最近は、意識が消失するハズの全身麻酔での手術中に患者が覚醒するケースがあると聞く。
 人工知能を持つロボットは、どのように生きるのだろう。 「生きたい」と望むのだろうか。

過去記事:モロー博士の島:学 / 平和を願う / SF「造物主の掟」 / SF「星を継ぐもの」 / ロボットについて / 造物主(ライフメーカー)
人工知能 研究者が守るべき倫理指針 学会がまとめる | NHKニュース
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
かまやつひろしさん死去 肝臓がんで闘病 78歳


歌詞