芸能界に住む女性は、ブスだって自らは美人だと信じているように見える。 殊更、宝塚出身者は顕著だ。
確かに昔の宝塚出身の女性には美人が多かった。
俺の知っている女性でも、大地真央氏や、黒木瞳氏は美人である。 俺が知っているのだから大したものである。
宝塚学校に入学した頃は然程でなくても、舞台に立つようになり脚光を浴びることで美しさが出てくるようだ。
そして、スターと呼ばれるような立場になることで、美しさに磨きが掛かってくるのだろう。
これは、スターと呼ばれた女性に限らず、人目に立つことで華やかになっていくのであろう。

女性でも憧れるような美人はさて置き、人目に立つような(立ちたいと願っている)芸能人の中には、自分ではどう思っているのかは知らないが、明らかなブスがいる。 これは“お笑い芸人”と呼ばれる職種の女性に多いようだ。
「人格は顔に出る」とか「30歳を越したら自分で自分の顔に責任を持て」とか言われるが、容貌ばかりはままにならないようだ。 もちろん、容貌と人格は別のものであり、「ブスでも風格・人望溢れる女性」は多い。

とどの詰まりは、ブスでも美人でも一定年齢を過ぎれば、表ににじみ出てくるのは人の心であろう。
二十歳やそこらでブスである事を嘆いて整形手術に及ぶ女性が多いようだが、親から授かった身体を痛めつけたところで、そんな事を世間が褒めそやすのはホンの数年だ。
そんな事に思い悩むのであれば、もっと他にやることが有るんだよ....と、無駄に還暦過ぎまで生きている爺は反省している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
渡辺謙氏が「不倫」したとかで芸能関係のマスコミが騒いでいる。 あれは「不倫」とかの出来事なのか。
ブスな芸人が肉体関係を持ったといっては「不倫」といって騒ぎ立てる事例もあるが、ブスな芸人が何を仕出かしたところで数には入らない。 逆に、渡辺謙氏ほどのスターが何をしたところで、それだけの出来事である。
ゲスとスターを同列に置いて論ずる話題では無い。 増してや、一般人と同じ尺度で推し量ることではない。
渡辺謙の不倫、全メディア一斉に報道「萎縮」の異常事態…事務所が「異例の要請」|Infoseekニュース
総理大臣の妻の所業は「なぜか閣議決定」されマネーロンダリングとなるのに、スターの浮気で騒ぐな
最近の一般人は、ネット等を利用することでゲスもスターも同格に物を見ているようだが、良かれ悪しかれ雲泥の差があるということを認識していない。 特に、スターという者は、自分の日常生活を知られてはならない。
それをゲスの芸能マスコミが嗅ぎ回るのは古からの生業であり、瓦版に書かれないように鼻薬を利かせるのもスターの取り巻きの役目ということだ。 何れにしても、ゲスのマスコミ取材者が増えすぎた。ネタの争奪戦。

いずれにしても、以前は歌舞伎俳優・八代目中村芝翫が「不倫」として取り上げられたが、この渡辺謙氏の件といい、「不倫」ではない。 単なる「浮気」というものだ。
浮気もできない、いわゆる「もてない男」と世帯を守り続けなければならない女性の一生は不幸である。
他の女性には鼻もひっかけてもらえないような男性と一緒になった女性は、ブロマイドのスターに憧れる一生。
三田寛子氏ではないけれど、自分に自信があればドンとした対応ができるというものだ。要するに正妻は正妻であり、妾(側室)はどんなになろうと妾に過ぎない。 いずれにしても、たかが浮気を騒ぎ立てるのは一般人の貧乏人也。
また、貧乏な夫の妻であるよりは、大奥の奥女中の方が幸せかも。一夫多妻制が不幸というのはキリスト教の一夫一婦制の妄想也。一妻多夫制でも良かろう。 幸せは、幸せを求める人の心次第である。

浮気をするのは男の甲斐性。それをさせないのは女の器量。 ということだろう。

04/03からはテレビ朝日系列『帯ドラマ劇場』(毎週月曜 - 金曜12:30 - 12:50)で『やすらぎの郷』が放送される。
倉本聰のオリジナル脚本作品。主演は石坂浩二で、浅丘ルリ子有馬稲子加賀まりこ五月みどり野際陽子八千草薫藤竜也ミッキー・カーチスら昭和を代表する俳優が共演するとのことだ。
俳優や歌手、ミュージシャン、脚本家などの昭和世代にテレビの世界で活躍した人物だけが入居する、東京近郊の老人ホーム「やすらぎの郷 La Strada(ラ・ストラーダ」を舞台に、“家族の絆”・“友情”・“愛情”・“死”などをテーマに、ユーモアかつシリアスに描く。 『やすらぎの郷』公式サイト / 主題歌 - 中島みゆき「慕情」

 tvasahi  YouTubeより

とのことだが、往年のスター達は、現代のゲス達との違いを見せてくれるのだろうか。
コンプライアンス重視し過ぎてTVがおかしくなる│NEWSポストセブン
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
首相夫人に外交旅券 外国訪問同行の際に 政府答弁書 | NHKニュース
内閣総理大臣夫人の法的地位に関する質問主意書