年が改まった(2017年)のは昨日のことのような気がするが、2月が過ぎ、明日からは3月になる。 早いものだ。
閏秒とやらがあった今年は例年よりも長生きしていることになるのだろうか。
とはいうものの閏年ではないのだから、1日短めの日々を過ごすことになるのだろう。
閏秒だの閏年だのと聞けば、自分の時間ではなく、何やら時間に追いかけられて生きているような気にもなる。

他の月は30日とか31日とかあるのに、なぜ2月は28日しか無いのだろうと疑問を覚える。
しかも、閏年だけには29日になったりと、まことに都合よく使われているように思う。
02/29なんて~4年に1度しかこない珍奇日に記念日や誕生日なんか無いだろうと思ったら、意外にあるんだね。
WikiPediaの2月によれば『他の月の日数が30または31日なのに対して、2月だけ28または29日なのは、アウグストゥスが紀元前8年、8月の日数を30日から31日に変更し、そこで不足した日数を2月から差し引いたためである。それ以前のローマ暦では、年初は3月であったため、単に年末の2月から日数を差し引いた。』とのことだが、[要出典]マーク付きだから眉唾ものなのかもしれない。

しかし、現在世界的に用いられているグレゴリオ暦で、『自分の生れ月が30日であることに不満を持った王が、2月から1日持ってきた』という事を聞いたことがある。事の真偽は不明でが、如何にもありそうな事だ。
真実ならば「各月の日数から眺めれば、不自然に日数が多い8月」あたりが犯人なのだろうか。
【そうじゃなかったとガテン】WikiPedia:3月より
古代ローマの暦ユリウス暦より前)においては、年の最初の月は現在の3月にあたる。閏年の日数調整を2月に行うのは、当時の暦での最後の月に日数調整を行っていたことの名残である。
8月の英語名Augustは、ローマ皇帝Augustus(アウグストゥス)に由来する。アウグストゥスは紀元前1世紀、誤って運用されていたユリウス暦の運用を修正するとともに、8月の名称を「6番目の月」を意味する "Sextilis" から自分の名に変更した。よく見かけられる通説に、彼がそれまで30日であった8月の日数を31日に増やし、その分を2月の日数から減らしたため2月の日数が28日となったというものがある。これは11世紀の学者ヨハネス・ド・サクロボスコが提唱したものであり、8月の名称変更以前からすでに2月は短く、8月は長かった事を示す文献が複数発見されているため、この通説は現在では否定されている(詳細はユリウス暦を参照)。
まあ、事の真偽は歴史の霞の中のことだからどちらでも良いのだが、面白い伝説として楽しみたい。
今年行われた閏秒の調整は27回目とのことで「閏秒の挿入は、2017年1月1日午前9時直前(日本標準時)に行われた」とのことだ。 その前は2015年7月1日に行われているから頻繁とも思える。 天体の乱れだろうか。

 「閏年」は耳にするが、閏月閏日もある。また、4年に1度かと思っていたが、400年間に97回とのことだ。
WikiPedia:閏年より抜粋引用
閏年(うるうどし、じゅんねん、leap year)とは、閏がある年のことである。 対義語で、日数が平常の年は平年(common year)と呼ぶ。閏年は、太陽暦においては太陽の運行と暦のずれを補正するために平年より暦日が一つ多く、太陰太陽暦においては月の運行とのずれを補正するために暦月が1つ多い。その追加された日や月を閏日・閏月、総称して閏と呼ぶ。閏の挿入規則を置閏法(ちじゅんほう)と呼ぶ。なお、「閏」の字が常用漢字表に含まれていない。 ※閏日>>02/24としていた欧州における歴史
ということでガテン也。 などと、還暦を過ぎた爺が要らん事を考えずとも、世の中は進化している。
もう直、地球脱出の夢が


 考えてみれば、当たり前のようにある。 されど暦。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
先日発注した本「手術数でわかるいい病院 2016」が届いた。良い。 ※関連過去記事:独善的に病院選び:考
眼の手術で、金沢大学病院が乗っていた。 「手術数でわかる いい病院2017」 2月27日発売!