今日(03/15)は恒例の通院日。 糖尿病内科は2017/01/11から2ヶ月目だが、内科を2回受診するタイミングで1回で良いと宣告された眼科は2016/11/16以来(途中、2016/12/19に眼鏡合わせ)となる4ヶ月ぶりの検診である。
しかし、今日の感触では「3ヶ月に1度来い」という雰囲気なり。
硝子体手術は先送りした2015年夏に出血した左目は未だに血のゴミは漂っているものの進展は無く、慣れたせいか気に掛からなくなった。 むしろ、ステロイド注射で済むとの診察を受け施術した右目の方が見え方が悪くなった。
日本では薬だけをもらう都度に医師の処方箋が必要で、数ヶ月に1度は通院しなければ薬をもらえないように法律で定められている。これにより、「処方箋発行料」で病院が儲かる仕組みだ。また、殆どの病院では院外処方箋としており薬局が儲かる仕組みだ。欧米では、医師が長期間有効な処方箋を発行することができる法律となっている為、何年かに渡ってその処方箋を薬局に示すことで薬をもらえるとのことだ。「かかりつけ薬局」とか騒がれ、電子カルテお薬手帳精度の見直しと言ったところで、日本の医療制度は変わりようがないのだろう。

そんな事をしてモタモタしていると医学の世界も進化して加齢黄斑変性などの「他家移植」ができるようになるそうだ。 そんな事を喜んでいたら、硝子体手術の方法が大きく変わるという情報が飛び込んできた。
網膜疾患の日帰り治療実現に期待-東大、長期埋込み可能な人工硝子体を開発 | マイナビニュース
人体で安全に施術できるようになるまでは期日を要するのだろう。また、人口硝子体の賞味期限も短いようだ。
現状では1年程度という賞味期限では、毎年のように人口硝子体の取替をしなければならないのだろうか。
しかし、この手合は加速度的に実現されるケースがある。 待てば海路の日和..ということも無きにしも。
関連各記事:黄斑変性:学 / 白内障の症状に疑問 / 左目の出血-中まとめ
幹細胞使った治験で女性3人失明、米:AFPBB News
米フロリダ(Florida)州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する治験を受けた女性患者3人が失明していた