石川県内のテレビCMには、首都圏のそれと比べると面白い物が多い。

パチンコ屋のCMは、新台になったとか..チマチマとした内容で色々と宣伝される。
あのようなCMの費用を掛けても、その費用を回収できるだけの客が来るのだろう。
そうでなければ、宣伝なんかするハズが無い。
しかし、首都圏のテレビCMで あんな内容は見たことが無い。 宣伝費用に見合うことが無いからだろう。

最近の石川県内のテレビCMでは、弁護士事務所のCMが増えてきた。
『サラ金に返済し過ぎた弁済金を、取り戻してやる。費用は無料』 というのが、CMの伝いたいことのようだ。
この『費用は無料』 という殺し文句が曲者だろうと眺めている。 ボランティアではあるまいし、無料でやってやる内容では無かろう
同様のCMをする弁護士事務所は、3年ほど前は2だったのが、最近では8程度に増加している。
増加したCMでは、『費用は無料』 ⇒ 『着手手数料は無料』 とかのように殺し文句が変わってきた。
さすがに『費用は無料』 のハズが無いと思う客からのクレームでも有った為、殺し文句を変えたのだろうか
どのような仕掛けかは知らないが、それなりに利益が出るのだろう。 でなければ、CM代金を掛けてまで人寄せしないだろう。

パチンコ屋といい、弁護士事務所といい、宣伝費用を掛けても無駄にならないということは、それに見合う顧客が居るということだ。 パチンコ屋は地産地消ということでも納得できる。 しかし、サラ金の宣伝をする者を調べると、石川県以外の弁護士事務所が殆どであることが判る。 CM放映地域の石川県民がターゲットになっているのだ。
石川県には、サラ金地獄にうごめく亡者が多いのだろうか 他県でも似たようなテレビCM事情なのだろうか

関連過去記事