マウスポインターが勝手に動いているような詐欺の新手口に注意 -INTERNET Watch
「マウスポインター(カーソル)が勝手に動いているような」とか、「マウス操作を受け付けない」とかの、パソコンの操作ができなくなったと錯覚させる手口が出現しているという。 これは引っかかりやすそうだ。
ウェブブラウザにWindows 10標準のマルウェア対策機能「Windows Defender」がマルウェアを検知した画面を表示する....マウス操作を受け付けないようにしてパソコンの操作ができなくなったと錯覚させたり、本来は全画面表示時に表示されないアドレスバーにMicrosoftの正規サイトのURLを表示させることで、Windows Defenderの警告が本物であると誤認させたりする手口も確認されている。
とのことだ。

 俺は以前、「Windows 10にして以来ブログ書き等で文字の入力中に、カーソル位置が予期せぬ時に予期せぬ位置に飛んでしまう」という事象が発生していた。 これは既に解消したが、解消する以前なら完全にハマっただろう。
 IPA 独立行政法人 情報処理推進機構が開設している「情報セキュリティ安心相談窓口
関連過去記事:OneDriveの削除思案
フィッシング対策協議会 | 緊急情報 | マイクロソフトをかたるフィッシング (2017/03/31)
Officeプロダクトキーのフィッシングメール出回る、2週間ぶり5回目 -INTERNET Watch
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
サポート切れの「IIS 6」でゼロデイ脆弱性が発見される--パッチ提供の予定はなし - ZDNet Japan
影響のあるIIS 6は「Windows Server 2003」とともにリリースされた製品であり、2015年でサポート終了済