死に方をイメージする人は多いようだ。
孤独死などの暗いイメージの死に方から、「そりゃ~良いね」と相槌したい死に方まで、色々だ。
ボケる事を心配する人は病気で死ぬ事を考えていない。逆も真也。ということは、ボケた病人は最悪也。
病気であれ、ボケであれ、生きている姿を心配している欲だらけの間は死なないのかもしれない。

人それぞれの生活環境で好き勝手な事を考えているようだが、当人は兎も角として、第三者の目としては...
甘くない世の中の現実を収集する事も、これで3度目のまとめになる。

NEWSポストセブン
関連過去記事:死に方いろいろ / 週刊誌に読む死に方Ⅱ / 週刊誌に読む死に方 / 死への恐怖心:考 / 今日は「遺言の日」  / 死に方いろいろⅡ / 町医者の小遣い稼ぎ