『わが縄張り”ブラリ散策”:眼科:経過観察通院~眼瞼下垂対策は?・・・』を拝読した。
管理人さんは俺と同じく「加齢黄班変性」とのことで、治療の模様を書いているので参考になる。
これまでにも「病気の知識はブログで / 細隙灯顕微鏡:学 / 怖いよ~目の手術」と勉強することができた。

現在は「アイリーア治療」後、診療を続けているようだ。 ということで、“アイリーア”とは何だろう。
「新生血管を伴う加齢黄斑変性」や「糖尿病黄斑浮腫」などによる『目の中に異常な血管が成長するのをおさえ、小さくする』為の注射ということらしい。 正に、俺には打って付けの物のようだ。
2015/08/16に左目から出血してから2年経とうとしている。ついでのように、右目の黄斑の浮腫みに対して“ステロイド注射”なる治療を行われたが、効き目が無いばかりではなく視力低下の原因になったようだ (過去記事:左目出血から1年記念日) 。 “ステロイド”と称したあの注射は何だったのだろうか

あれからは「硝子体手術に朗報 / 長生きするもんだね」といった新医療技術が出現した。白内障の症状に疑問を持ちながら黄斑変性を学んでいる。 近未来には手術しなくても大きな目玉にできるようになるかも...なんてね。
間質性肺炎の俺としては、眼よりも呼吸困難を心配したほうが良いのかも知れない。
気づいた時には病状進行…「誤嚥性肺炎」に3つの特徴 | 日刊ゲンダイDIGITAL
①.寝ている間に発症する ②.1週間ほど気付かない ③.睡眠薬などが引き金に
※COPD(慢性閉塞性肺疾患)
慢性閉塞性肺疾患が世界的に増加 ヘビースモーカーは検査を!│NEWSポストセブン

関連過去記事:町医者の小遣い稼ぎ

滲出性AMD: 「治療」アニメーション

Angiogenesis Foundation YouTubeより

滲出性AMD: 「学ぶ」アニメーション