マブダチから前立腺癌になったとの知らせがあった。
これまでは病気らしい病気も無く、それでも寄る年並から白内障の手術をしたと言っていた奴だから、癌の宣告はショックだったらしい。それでも、医師からは「軽いから完治する」との診察だったと力説していた。

俺は思い起こせば30歳代の頃から居酒屋でビールを飲んでいる場面で、他の人が小水に行きだしてもその気になる事は無かった。 他の人が3回に、俺が1回という感じだっただろうか。鎌倉に転居し糖尿病のインスリン注射を射つ方法を教わるとのことで1週間ばかり指導入院をした際に暇に任せて泌尿器科を受診したところ前立腺肥大症の診断を受けた。 2年ほど薬を飲んだが効果が無く、その旨を告げたところ「それでは止めましょう」という軽い言葉で服用は取りやめとなった。PSA検査は異状無い。最近調べたところ、あの薬はインポテンツの副作用があるそうだ。

その後、当地への転居に伴い現在の総合病院に転院し、公園デビューでは無いが“通院履歴のある病科”に顔出し以前として前立腺肥大症ではあるが前立腺癌PSA検査によるスクリーニングでは異状が無かった。
一昨年(2015)に市の健康診断でも同様にPSA検査は異状無い。

そんな履歴で、前立腺は大丈夫そうなのだが、嫌っている大腸カメラは未体験につき後ろ半身はヤバイかも
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
と称する病名が知られるようになったのはいつ頃からなのだろうか。 俺が高校生の頃は「愛と死をみつめて」という映画で肉腫という病気を知った。また、白血病などの病名が知れてきたのはあの頃と記憶する。

その後、内蔵関係の癌が知れ渡り、怖い病気という認識が高まった。中でも肺癌は代表選手なのだろう。
癌に限らず、いずれの病気にしろ経済的な理由で治療を受けることができないorできなくなった人はどうするの
関連過去記事:懐かし友人からの電話 / 明日から12月 / 「膀胱ガン」学

愛と死をみつめて


NIKKATSUチャンネルより