Windows 10初期バーション「1507」へのサポートが5月9日に終了 -INTERNET Watch
Microsoftでは、セキュリティ更新プログラムの提供を継続的に受けるには、最新の機能更新プログラムがリリースされてから60日の猶予期間以内にPCに機能更新プログラムインストールする必要があるとしている。
1507end1

Windows 10の“Creators Update” は、2017/04/11に公開されたが不具合があるとのことで自動アップデートによる公開が中断されている。近い時期に中断が解除されるが、早ければ日本時間では05/10だからややこしい。
ASCII.jp:不具合が見つかりWindows 10 Creators Updateの配信を一時中断
【追記:2017/05/26】以下の記事を見れば、“Creators Update”の中断は「5月の月例品質アップデートで修正」されたということのようだが、再開されているのだろうか
Windows 10の「Creators Update」、展開は順調--MSがアピール - ZDNet Japan
また、向後は年に2回の大型アップデートを行うというから、その度に対応しなければならないということだ。
過去記事:凄いね、Windows 10より一部転記  Windows 10の不調記録
Windows 10の次期大型更新は9月 ~MicrosoftがWindows/Officeの新リリース方針を発表 - 窓の杜
  • 「Windows 10」の次期大型アップデートは、順調に行けば2017年9月に実施される
  • 「Windows」と「Office」は3月と9月を目標に年2回のリリースを行う方針
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
これからもWindowsパソコンを使おうという気がある人なら、四の五のと言わずに黙ってマイクロソフト様の言うとおりに自動アップデートを行うことが面倒ではないようだ。悔しいながら、マイクロソフトの作戦勝ちということだろう。
シェアの多いブラウザソフトもバージョンアップが盛んになっている。
いつまでも古いOSのパソコンを使ってインターネットを行い他人のブログに押し入るのは、凶器を持って町を彷徨き他所様の家に侵入するようなことであることを認識してくれ。あげく「殺す気は無かった」と言うのは認識不足だ。
古いWindowsパソコン(XP / Vista)でも識者によれば再利用できるらしいが、買い換えるのが手間無しということだ。
Windows Vistaのサポートが終了!旧いパソコンはどうしたらいいの?|@DIME アットダイム
に「自分のパソコンがVistaか確かめる方法」が掲載されている。Windows XPは話題にもならない。
この度「古いWindowsは来庵拒否」の看板を掲げた事で学んだが、好評のアップルパソコンよりは、悪評のWindowsパソコンの方が将来のロードプランが見える。ビジネスで使うにはマイクロソフトが良い理由がわかった。
貧乏人の俺としては、Windows 10でブログ遊び以外に、行いたい事がある場合は無料ソフトを使うことにした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
パソコンの OS とビット数の確認方法 (Windows XP/Vista/7/8/8.1/10)