思わぬことがきっかけで現在使用中のノートパソコンをHDD⇒SSDに交換してしまったが、ジックリと考えると交換しないで新しく買い足すという方法もあった。 断捨離を考えれば、1台だけのPCを慈しんでいるほうがイザという場面では処分が楽だろうが、それまではサブ機が有ったほうが何かの場面では対応できる。今回もノートPCが入院している間はAndroidタブレットで代用したが、文字入力等はやはりPCの方がラクチンであることを実感した。

過日、某ブログの管理人さんがパソコンの買い足しを思案中との記事を拝読し、なんとなくその気になって散歩の足を伸ばして電気屋でパソコンを眺めてみたら、なかなかサクサクと動作することを知り食指が動く。
また、ノートPCても大きな画面の物が販売されていることを知った。昔ならば高額であった物が安い。
ASCII.jp:17.3型の大画面でCore i7&SSD搭載ノートPCはかなり使いやすい
考えだ末、今回は見送りとした。しかし、これに機会にシステムイメージバックアップ作業を昨日(06/20)実施した。
同作業はWindows 7時代に行っていたが、Windows 10になってからは未実施である。併せてデータのバックアップも実施した。 過日教えてもらった専用ソフト「EaseUS Todo Backup 」(使い方)・「BunBackup(64bit版)」(使い方)・(使い方-2)ではなく、Windows 10のOS付属(「システムイメージの作成」・「システム修復ディスクの作成」)を利用した。外付けHDD(70GB)へのバックアップを試みたが、容量不足であったのでBD-RE(Blu-ray Disc)に収録してみようとした。
「システム修復ディスクの作成」は30分程度で完了するが、「システムイメージの作成」についてはやたらと時間が掛かる。昨日の午後から試行錯誤し、夜も電源を入れたままにしたが、未だに終わらない。巷の参考記事によれば、「システム修復ディスクの作成」は1ヶ月、「システムイメージの作成」は1週間、に一度程度行ったほうが良いとのことだ。俺のパソコン利用状況から考えればそんなに頻繁に行う必要性は無いだろうが、実行したいものだ。

【富士通の説明記事】

  1. [Windows 10] 回復ドライブとシステム修復ディスクの違いについて教えてください。
  2. [Windows 10] システムイメージを復元する方法を教えてください。
  3. [Windows 10] システムイメージをバックアップする方法を教えてください。
まとめ
  1. 「ファイルのバックアップ」は外付けHDDに収録。(Windows 10のOS付属を使用)
  2. 「システム修復ディスクの作成」はBD-REに収録。(Windows 10のOS付属を使用)
  3. 「システムイメージの作成」は、BD-REに収録を試みたがやたらと時間が掛かるので中断した。少なくとも12時間は掛かるのではないかと推察する。どうするか(?)思案中。場合によっては、500MB程度(大容量は不要らしい)の外付けHDDを購入する方法もあるが、前記1.2の内容と重複する内容なのかもしれず、不要な作業かも?
  4. パソコンの買い足しは、断捨離の精神からすれば無駄な気がして、体調と相談
関連過去記事:Office 2010から乗り換え / HDDのクローン化作戦 / パソコン修理が完了


Twitterハッシュタグ #仮想デスクトップ