去る2017/06/22(木)、NHKのSONGS(第426回)で「~中島みゆきトリビュート~」を視聴した。 公式サイト
大竹しのぶ島津亜矢クミコ、3人が語り合う「みゆき愛」。そして、女心に刺さる「みゆき歌」を歌う。』
のキャッチコピーのとおり、中島みゆき当人は出演しなかったが3人で「みゆき歌」は見事に歌った。
3人が語り合い、別々の歌を歌い、最後に揃って「時代」を合唱した。
時代」は1975年に発売された曲だから、1952年生まれの彼女が二十歳ソコソコに作っていることになる。(歌詞)

フォークソングや反戦歌が全盛だったあの頃、組合運動に明け暮れていた俺にはナヨナヨとした歌に聞こえたが、今もうじき古稀の声を聞く歳になって改めて聴くと、若い女性がよくぞこの歌詞を作れたものだと感心する。
今の俺にはシックリとくる内容だ。 昔溜めたLPレコードを引っ張り出して聞き直そうと思う今日この頃だ。

時代 -ライヴ2010~11- (東京国際フォーラムAより)

中島みゆき公式チャンネルより

時代 - 中島みゆき(フル)


一期一会 / 中島みゆき [公式]