徘徊先の「hamさんのひとり言。 」ブログが、1ヶ月ばかりコメント欄を閉じていた。
過日、運良くコメント欄が開けられていたので原因を尋ねたところ、スパムコメントが酷かったとのこと。
昨日再訪したところ、またまたすごい量のスパムコメントが有り、再びコメント欄を閉じていた。
確かに、あれは尋常な数では無いだろう。真っ当なコメントが有っても、あっという間に埋もれてしまうだろう。

WordPress等のように自前で設置したブログならばスパムコメントが点くことは珍しくは無いが、レンタルブログであれば提供する会社側でサーバーの能力ダウンを避けるためにスパムが寄り付かないように対応しているのだが...
スパムメール掲示板アラシなら犯人側も効果があるだろうが、スパムコメントとは珍しく思う。
利用されているレンタルブログは「Iris Webrush ブログ」という、俺は初耳のものだ。

試みにネット検索したところ「スパムコメント対策講座 」を天下の FC2ブログで解説しているから、有るんだね~
嫌味なコメントは無視するものにしても、特に嫌なのは「機械的に大量に投稿されるスパムコメント」だろう。その類は、殆どが中国からの宣伝で「某サイトの広告用URLを羅列した物」である。あんなスパムが利用されるのは、実行部隊にしろ、依頼する側にしろ、効果が有ると思っているのだろうから文化程度が低いのだろう。

俺は古いWindows OSやブラウザを利用しての閲覧拒絶用として「忍者バリアー」を用いているが、効果満点也。
「忍者バリアー」は無料版を利用している為、拒否設定できる数に上限がありスパムコメントの防止には不向きかもしれない。しかし、FC2ブログ等では「IPアドレスによる拒否」や「画像認証」が提供されているからな~
経験的に言えば、コメントの書き込み時に「画像認証」しなければダメという設定は、「機械的に投稿されるスパムコメント」は極めて有効であると思うのだが...某CGI掲示板のように画像認証機能を用いても既にその構造を見破られているために効果が無く、裏口入学されてしまうケースも有るから、絶対的では無いが。
良いかも
悩まされていたスパムコメント対策にreCAPTCHAを入れました | もんちのこひつじノート
コメントスパムを防止する方法 - Search Console ヘルプ
ウェブサイトにキャプチャを導入する方法【reCAPTCHAの使い方】iris webrush
 ホームページやブログの内容は自分で拒絶設定を指定ない限りGoogleやyahoo等の検索エンジンに情報収集されている。ブログではコメントも収集されている。
スパムコメントは放置するな!Googleペナルティを受けてSEO対策に悪影響-Webコミュ
好ましくない内容が書かれたスパムコメントであった場合は、管理人の意図しないところでGoogleペナルティを受けることになる。 これを避けるためにはスパムコメントが寄り付かないようにするとともに、削除しなければならない。関連過去記事:飛んでけ「スパム」

「CAPTCHA」を要求することで自動検出を回避するマルウェア攻撃が登場 - GIGAZINE(20/06/22)